版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
アドボカシーってなに? 栄留 里美(著) - 解放出版社
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号: 03-5213-4771
注文FAX番号: 03-5213-4777
注文メール: hanbai@kaihou-s.com

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|日教販
直接取引: なし
返品の考え方: 委託期限終了後はFaxにて返品ご依頼書をお送りください

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784759267969

アドボカシーってなに? 施設訪問アドボカシーのはじめかた

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:解放出版社
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ9mm
重さ 237g
144ページ
並製
定価 1,400円+税
ISBN
978-4-7592-6796-9   COPY
ISBN 13
9784759267969   COPY
ISBN 10h
4-7592-6796-4   COPY
ISBN 10
4759267964   COPY
出版者記号
7592   COPY
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年4月15日
書店発売日
登録日
2021年2月17日
最終更新日
2021年4月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-08-27 朝日新聞    朝刊  2021年8月27日(金)
評者: 著者 栄留里美 氏「ひと」欄に掲載
MORE
LESS

紹介

施設で暮らす子どもや障害者の声を聴き、施設や社会に伝え反映させてゆく活動、アドボカシー。本書は、イギリスで行われている取り組みを参考に、実際に児童養護施設・障害児施設・障害者施設で2年近く試行実践した施設訪問アドボカシーの経験をふまえ、施設訪問アドボカシー活動を具体的に解説しました。試行実践で明らかになったノウハウを公開し、そこで使った活動ツールも収録しています。さらに、アドボカシーの基本をわかりやすく説明した一問一答を加えました。これからアドボカシーにとりくもうとする人たち必携のマニュアル本です。

目次

はじめに
解説 私たちが行った施設訪問アドボカシーとは?

第1部 アドボカシー一問一答
1 アドボカシーとは何ですか?
2 アドボカシーには、どのようなものがありますか?
3 アドボカシーで大切なことは何ですか?
4 アドボカシーはひとりでもできますか?
5 アドボカシーセンターとは何ですか?
6 アドボカシー活動に制度は必要ですか?
7 行政機関にできるアドボカシー活動はありますか?
8 当事者運動とアドボカシーはどのような関係ですか?
9 同じ経験をもつ当事者としてアドボケイトになれますか?
10 どのような人がアドボケイトになるのですか?
11 アドボケイトへのサポートはありますか?
12 施設訪問アドボカシーがなぜ必要なのですか?
13 施設訪問アドボカシーはどのような施設で取り組まれるのですか?
14 施設と職員にとって施設訪問アドボカシーは役に立ちますか?
15 コーディネーターの役割は何ですか?
16 アドボケイトとして気をつけることはありますか?
17 アドボケイトの役割を子どもにどのように説明しますか?
18 アドボケイトは施設におけるさまざまな支援活動にかかわりますか?
19 アドボケイトは子どもの思いを聴くために何をしますか?
20 アドボケイトはどのようにして意見形成を支援しますか?
21 アドボケイトはどのようにして意見表明を支援しますか?
22 子どもの声を職員に届けることのできた事例を教えてください
23 施設訪問アドボカシーの失敗事例を教えてください
24 アドボケイトにはどのようなジレンマがありますか?

第2部 施設訪問アドボカシー活動マニュアル
はじめに――施設訪問アドボカシーとは何か?
基礎編
実践編
・児童養護施設編
・障害児施設編
・障害者施設編

第3部 活動ツール
Ⅰ アドボケイトの養成・契約書・スーパービジョン
資料1 施設訪問アドボケイト養成講座
資料2 施設訪問アドボカシー利用契約書
資料3 施設訪問アドボケイト・TODOリスト(児童養護施設)

Ⅱ 利用者向け アドボケイト説明資料
資料4 アドボケイト説明資料 4コママンガ「アドボさん」(障害者施設)
資料5 ポスター「アドボケイトって何?」(児童養護施設)
資料6 入所者を対象とした説明会で使用した資料(障害者施設)
資料7 アドボケイトメンバー紹介(障害児施設)
資料8 寸劇「アドボケイトってどんな人?」のシナリオ(児童養護施設)
資料9 子ども委員委嘱状(障害児施設)

Ⅲ 施設職員向け アドボカシー活動契約・説明・研修
資料10 施設職員対象説明会資料
資料11 施設職員を対象とする研修の配付資料(障害児施設)

Ⅳ 話を聴くためのツール
資料12 アドボケイト利用同意書
資料13 「いろいろおしえて」パワーポイント
資料14 子どもアドボケイト説明アニメ

前書きなど

本書の目的
 あなたが施設で生活をしていて、施設のルールや食事などに不満をもっていたとしましょう。忙しそうにしていたり、お世話になっている職員にそのことを伝えるのはむずかしいかもしれません。職員や他の利用者からの暴力について、「言うと余計にひどい虐待を受けるから我慢しよう」と思う人もいるかもしれません。
 そんなときに、施設の外から利用者の思いを聴き、代弁していく取り組みが「施設訪問アドボカシー」です。
 本書は、イギリスで行われている施設訪問アドボカシーを参考に、児童養護施設・障害児施設・障害者施設で実際に施設訪問アドボカシーを実践したノウハウやツールを提供し、読者の方々が活動を始めやすくすることを目的としています。
 本来、アドボカシーはすべての場で必要とされています。アドボカシーの共通基盤を土台に、高齢者施設、病院、学校など、他の分野でのアドボカシーに取り組もうと考えておられる方々にも活用していただくことを願っています。
アドボカシーの制度化の機運と試行実践の経緯
 アドボカシーは、いま、制度化が急がれています。社会福祉基礎構造改革によって、措置から契約へと制度が転換するなかで、弱い立場に置かれた高齢者や障害者のアドボカシーは必要不可欠なものになりました。昨今では、相次ぐ虐待死の悲惨な事件を受けて、子どもアドボカシーの重要性が高まっています。児童福祉法改正により、2022年度に子どもの権利擁護制度を創設することとなり、国・自治体で検討が進んでいます。また、市民の活動も発展しています。児童福祉領域において、アドボカシーの構築は喫緊の課題です。
 このような状況のなかで、児童養護施設と障害児施設においては2017年9月~2019年8月の23カ月にわたって、障害者施設においては2018年4月~2019年8月の16カ月にわたって、科研費による施設訪問アドボカシーの試行実践とアクションリサーチを行いました。研究期間終了後も、アドボケイトのみなさまの熱意により、訪問アドボカシーは継続されています。この経験から明らかになったノウハウを社会に発信し、これからアドボカシーに取り組む方々に資することが本書を刊行した動機です。

著者プロフィール

栄留 里美  (エイドメ サトミ)  (

所属:大分大学 福祉健康科学部
専門分野:子ども家庭福祉・アドボカシー・ソーシャルワーク
主要業績:栄留里美(2020)「児童養護施設における訪問アドボカシー実践の評価研究―子ども・施設職員へのインタビュー調査に基づく考察―」『子ども家庭福祉学』,日本子ども家庭福祉学会,20,53-66.
栄留里美(2015)『社会的養護児童のアドボカシー―意見表明権の保障を目指して』明石書店
堀正嗣・栄留里美(2009)『子どもソーシャルワークとアドボカシー実践』明石書店

鳥海 直美  (トリウミ ナオミ)  (

所属:四天王寺大学 人文社会学部
専門分野:ソーシャルワーク
主要業績:鳥海直美(2017)「中高生の知的障害児が取り組む自立生活プログラムの開発――障害児の地域生活支援におけるアクションリサーチを通して」『四天王寺大学紀要』63,37-54
鳥海直美(2014)「学齢期の知的障害児への相談支援モデルの開発――〈子どもからはじめる個人将来計画〉を用いた相談支援のアクションリサーチ」『四天王寺大学紀要』57,269-289

堀 正嗣  (ホリ マサツグ)  (

所属:熊本学園大学 社会福祉学部
専門分野:障害学・子どもアドボカシー
主要業績:堀正嗣(2021)『障害学は共生社会をつくれるか』明石書店
堀正嗣(2020)『子どもアドボケイト養成講座――子どもの声を聴き権利を守るために』明石書店
堀正嗣編著(2018)『独立子どもアドボカシーサービスの構築に向けて――児童養護施設と障害児施設の子どもと職員ヘのインタビュー調査から』解放出版社

吉池 毅志  (ヨシイケ タカシ)  (

所属:大阪人間科学大学 人間科学部
専門分野:精神保健福祉・アドボカシー
主要業績:遠塚谷冨美子・吉池毅志・竹端寛・河野和永・三品桂子(2016)『精神病院時代の終焉 当事者主体の支援に向かって』晃洋書房
吉池毅志(2012)「精神科ソーシャルワークとアドボカシー実践(2)―所属機関外アドボカシーへの『場のシフト』による可能性―」『大阪人間科学大学紀要』11,59-66
吉池毅志(2011)「精神科ソーシャルワークとアドボカシー実践(1)―所属機関内アドボカシーの限界性」『大阪人間科学大学紀要』10,55-68

上記内容は本書刊行時のものです。