版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ゆがむメディア ゆがむ社会 北口 末広(著) - 解放出版社
.

ゆがむメディア ゆがむ社会 ポピュリズムの時代をふまえて

発行:解放出版社
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ13mm
重さ 259g
216ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-7592-6790-7
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年10月20日
発売予定日
登録日
2019年8月29日
最終更新日
2019年10月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ネット上ではフェイクニュースなどが飛び交っているが既存の新聞やテレビの政治や司法、人権などの報道の問題点を橋下徹元市長の「従軍慰安婦」発言など具体的事例に即して分析、情報リテラシーの重要性を訴える。

目次

はじめに

第一章 IT(情報技術)革命と政治・人権・メディア
1 トランプ現象とポピュリズム
2 兵器になったフェイクニュース
3 IT革命と個人データ
4 ディープフェイクとサイバー戦争
5 情報の暴走と超ポピュリズム

第ニ章 ゆがむ既存メディアと人権報道
1 ゆがむメディアと政治・人権報道
2 メディアと政治と日本国憲法
3 政治とメディアが結託すれば
4 人権の根幹を揺るがすフェイク情報

第三章 メディアと捜査機関の情報操作
1 足利事件とメディア
2 足利事件報道の検証は十分であったか
3 「最強の」捜査機関とメディアのタッグ
4 メディアが冤罪に加担しないために
5 メディア企業は「有罪推定の原則」?

第四章 朝日放送の問題スクープ報道とBPO
1 朝日放送の大阪交通労組に関わる問題放送
2 BPO放送人権委員会の「勧告」内容
3 五つの論点の紹介と「勧告」への見解
4 「勧告」後の放送局側のコメントとその問題点

第五章 政治家の問題発言とメディア及び情報リテラシー
1 橋下徹氏のいわゆる「従軍慰安婦」「風俗活用」発言
2 極めて不十分なメディアの対応
3 ナチス時代のメディアと政治
4 「情報」がすべてを決する

あとがき

著者プロフィール

北口 末広  (キタグチ スエヒロ)  (

1956年大阪市生まれ。近畿大学人権問題研究所・主任教授。京都大学大学院修了(法学研究科修士課程)国際法専攻。(一財)アジア・太平洋人権情報センター顧問、(一社)部落解放・人権研究所理事、(一財)おおさか人材雇用開発人権センター副理事長、特定非営利活動法人ニューメディア人権機構理事長、NPO法人多民族共生人権教育センター理事ほか。
著書に『人権相談テキストブック』(共著)、『必携 エセ同和行為にどう対応するか』(共著)、『格差拡大の時代ー部落差別をなくすために』(単著)、『ゆがむメディアー政治・人権報道を考える』(単著)、『ガイドブック 部落差別解消推進法』(共著)、『ネット暴発する部落差別ー部落差別解消推進法の理念を具体化せよ』(単著)、『科学技術の進歩と人権ーIT革命・ゲノム革命・人口変動をふまえて』(単著)、『激変する社会と差別撤廃論ー部落解放運動の再構築にむけて』(単著)<いずれも解放出版社>など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。