版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
葬送のお仕事 井上 理津子(著) - 解放出版社
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト|ニ|楽天|中|日教販   書店
JRC|八木|子どもの文化
直接取引: なし
返品の考え方: 委託期限終了後はFaxにて返品ご依頼書をお送りください

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

葬送のお仕事 (ソウソウノオシゴト)

児童図書
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:解放出版社
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ16mm
重さ 398g
256ページ
並製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-7592-5043-5   COPY
ISBN 13
9784759250435   COPY
ISBN 10h
4-7592-5043-3   COPY
ISBN 10
4759250433   COPY
出版者記号
7592   COPY
Cコード
C8336  
8:児童 3:全集・双書 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年10月20日
書店発売日
登録日
2023年8月18日
最終更新日
2023年10月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2024-01-13 毎日新聞  朝刊
2023-12-27 朝日ファミリー Digital  
評者: 大田季子さん
2023-11-25 月刊「同和教育」であい  No.740(2023年11月)
評者: 本の紹介 欄
2023-11-01 日刊ゲンダイ デジタル    公開日 2023/11/01
2023-10-27 週刊読書人    2023年10月27日(第3512号)
評者: 奥山 晶子さん(葬儀ライター)
2023-10-20 週刊金曜日  2023年10月20日(1445号)
評者: 「本箱」 掲載
MORE
LESS

紹介

「お通夜と告別式はなにがちがう?」「ご遺体はなぜキレイな顔なの?」「家族葬ってどういうお葬式?」……。葬送に関する38の疑問がスッキリわかる! 大切な人の「死」と「お見送り」を学ぶ一冊。小学4年生以上。

目次

第1部 「死ぬ」とは、だれかにケアされること
Q 1-1 「人はひとりで死んでいく」のでは?
Q 1-2 死ぬ人の数は増えているんですか?
Q 1-3病院で死ぬ人がほとんどですよね?
Q 1-4死ぬと人の体はどうなるの?
Q 1-5遺体って気持ち悪くないの? 不気味じゃないの?
Q 1-6死んだ人は、病院からどこへ運ばれますか?
Q 1-7葬送には、どんな仕事をする人がいますか? 葬儀社の種類は?
Q 1-8お葬式って、必ずしなくちゃいけないの?
Q 1-9『おくりびと』って、どんな映画だったの?
Q 1-10「おくりびと」は、職業名? なぜ疎まれたの?
Q 1-11「霊柩車を見たら、親指かくせ」って言われますが

第2部 「葬送のお仕事」のリアルを見てみよう
Q 2-1 死の直後のケアは看護師さんがしますか?
Q 2-2そのあとを引ひき継つぐのが「葬儀社さん」ですね?
Q 2-3「葬儀社さん」がする仕事を全部知りたい!
Q 2-4「葬祭ディレクター」資格があるそうですが
Q 2-5「湯灌師」「納棺師」の仕事内容は?
Q 2-6「復元師」「遺体保全師」は、どのような技術を持っていますか?
Q 2-7エンバーマーが「生きていたときの姿すがたに戻もどせる」って、 どういうこと?
Q 2-8「火葬場職員」の業務って?

第3部 「葬送のお仕事」のプロに聞いてみよう
1 葬祭ディレクター(1)
2 葬祭ディレクター(2)
3 湯灌・納棺・メイク
4 エンバーマー
5 葬儀会社を支援するお仕事
6 葬儀会社を経営する
7 火葬場スタッフ

第4部 「葬送と社会」のこれまで・これから
Q 4-1今さらだけど、お葬式って何?
Q 4-2じゃあ、昔のお葬式はどんなだったの?
Q 4-3葬列がなくなってから今のお葬式の形に?
Q 4-4「お葬式でお焼香」の意味は? 拝む方向は?
Q 4-5「葬儀社ぼったくり時代」があったとか?
Q 4-6葬儀業は「一段下」の職業とみられていた?
Q 4-7火葬・埋葬をする人への偏見は大昔から?
Q 4-8葬儀屋さんへの偏見はなぜ? いつから?
Q 4-9葬儀屋さん、女性も大勢活躍しています?
Q 4-10コロナ感染者への対応はたいへんでしたか?
Q 4-11コロナ禍にお葬式は変わった?
Q 4-12これからの葬儀業界、どうなるの?

著者プロフィール

井上 理津子  (イノウエ リツコ)  (

ノンフィクションライター。1955年奈良市生まれ。タウン紙記者を経て、フリーに。代表作に『さいごの色街 飛田』(筑摩書房・のちに新潮文庫)。近著に『絶滅危惧個人商店』(筑摩書房)、『師弟百景』(辰巳出版)。葬送関係は2012年から取材を始め、本書は『葬送の仕事師たち』(新潮社)、『いまどきの納骨堂―変わりゆく供養とお墓のカタチ』(小学館)、『親を送る』(集英社)に続く4冊目となる。

上記内容は本書刊行時のものです。