版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
1945 保戸島の夏 坂井 ひろ子(著) - 解放出版社
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

品切れ・重版未定

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
子どもの文化     書店(直)
直接取引:なし
返品の考え方: 委託期限終了後はFaxにて返品ご依頼書をお送りください

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

1945 保戸島の夏 (イチキュウヨンゴ ホトジマノナツ)

児童図書
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:解放出版社
A5判
縦210mm 横149mm 厚さ14mm
重さ 357g
230ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-7592-5033-6   COPY
ISBN 13
9784759250336   COPY
ISBN 10h
4-7592-5033-6   COPY
ISBN 10
4759250336   COPY
出版者記号
7592   COPY
Cコード
C0093  
0:一般 0:単行本 93:日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
品切れ・重版未定
初版年月日
2011年8月
書店発売日
登録日
2011年6月23日
最終更新日
2019年12月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

本書は、大分県の保戸島で起こった実話から創作。終戦間際の7月25日に島民127名が亡くなった。小学校が爆撃され犠牲者のほとんどが子どもたちだったのだ。学校と確信しての爆撃だった事実。戦争のおろかさを訴え、心揺さぶる。

目次

1 保戸島へ 
2 ひらがな帳 
3 しょんべんたれ 
4 林先生 
5 永末先生の出征 
6 海軍監視所 
7 強化学習 
8 写生禁止 
9 遠足へいこう 
10 臼杵公園 
11 約束 
12 京城 
13 子らはどこへいった 
14 学校爆撃 
15 『子らを偲びて』

前書きなど

 この物語は大分県津久見市の保戸島で、ほんとうに起こったことを題材として書いた作品です。主人公の得重正信は本名得丸正信先生です。
 三年前に夫との共著『筑紫れくいえむ』という本を出版しましたが、そのとき『日本の空襲・九州編』 (三省堂)をめくっていたら、年表欄に一行だけ「昭和二十年七月二十五日大分県保戸島死者百二十七名」とありました。これはいったい何なのだろう? と思ったのが、この作品を書くきっかけでした。
 私はかつて家族とともに大分市に三年住んでいましたが、このような事実はまったく知りませんでした。知人や隣人からも聞いたことはありません。
 すぐに保戸島にいきました。
 学校の爆撃を知り、当時の在校生や保護者、先生を訪ね歩くうちに、「保戸島国民学校で先生をしていた人が、戦後六十年余も毎年欠かさず慰霊祭にきてくれている」と保戸島の人が教えてくださいました。
 その人が得丸先生でした。
 大分市郊外の先生のお宅に伺ってお話を聞くうちに『子らをしのびて』という手記を出版されていたことも知りました。爆撃のことは余すことなく書かれていました。しかしご自分のことはご謙遜で少しだけでした。
 当時はお元気で、大分市の郊外で奥様のミチ子さんと経営しておられた宮河内幼稚園を、ご子息の憲司氏に譲られたあとでした。
 ご自宅でお話をお聞きしているとき「おじいちゃんせんせー」と、子どもたちが何人ものぞいていきました。ご夫妻はとても慕われておいでのようでした。保戸島の子らへの思いが幼稚園の開園につながったのではと思ったことでした。
 教育者として幼児教育の大切さを語られる先生と接しているうち、得丸先生をこそ主人公にして書きたい、との思いが夏雲のようにわいてきたのです。
 「朝鮮竜山の陸軍官舎から、北辺警備はどこまでいかれたんでしょう?」とか、「ノンフィクションはやはり無理です。創作として書かせてください」とか何度も電話でおたずねしたり、ご了解を得たりしたものでした。
そして、奥様からの突然の訃報でした。
 「えーっ、そんな……。しまった! どうしたらいいの」といったきり、頭の中がクラクラしました。
 先生の温顔を思い浮かべながらも、自分の能力のなさが悔しく、少しずつしか文章をつづることができませんでした。資料もお借りしたままです。ご存命中になんとか間に合わせることができなかったのかと、いま歯ぎしりする思いです。正信先生、どうかどうかお許しください。
 保戸島では当時の在校生や保護者、漁協の役員さん、お寺のご住職、そして旅館の女将さんにまで、お話をききました。また機銃掃射でけがをし、いまだに大分、別府市の病院に入院中の方にもお会いしました。貴重なお話を聞かせていただき、ほんとうにありがとうございました。
 私が書いたものの中ではもっとも長く、迷うことの多い作品でしたが「六年生くらいの子は読めますよ、読んでもらいましょう!」と励まし、ご助言くださった解放出版社編集部の綱美恵さん、お声をきくたびに元気がでました。心から感謝申し上げます。
 最後になりましたが表紙の絵を描いてくださいました中川洋典さん、ぴったしの素敵な絵、きっと子どもも大人もこの本を手に取ってくれることでしょう。ありがとうございました。
2011年6月  坂井ひろ子

著者プロフィール

坂井 ひろ子  (サカイ ヒロコ)  (

福岡県に生まれる。児童文学の創作とともに、その研究と普及にたずさわり、地域文庫を手がけている。主な作品に『父さんと母さんの火』(偕成社)、『走れ! 車いすの犬「花子」』(偕成社)、『ありがとう! 山のガイド犬「平治」』(偕成社/角川文庫)、『盲導犬カンナ、わたしと走って!』(偕成社)、『地の底の小鳥』(ひくまの出版)、『そのとき、ぼくは戦場にいた』(偕成社)、『正助さんとガゼミソ』(西日本新聞社)、『筑紫れくいえむ』(西日本新聞社)、『むくげの花は咲いていますか』(解放出版社)などがある。日本児童文学者協会、子どもの本九条の会、会員。「小さい旗」同人。

上記内容は本書刊行時のものです。