版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
人権教育への招待 神村 早織(編著) - 解放出版社
.

人権教育への招待 ダイバーシティの未来をひらく

発行:解放出版社
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ13mm
重さ 332g
214ページ
並製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-7592-2167-1
Cコード
C0037
一般 単行本 教育
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年4月20日
書店発売日
登録日
2019年2月8日
最終更新日
2019年4月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

『同和教育への招待』を引き継ぎ、人権状況や人権教育の大きな変化に対応したテキスト。個別の人権課題に共通の枠組みや概念、取り組み方に応える横断的な学びは、今後の人権教育の在り方や生きる指針を示す手がかりにもなる。

目次

はじめに

序論 人権教育とは何か
①人権教育とその4側面/②同和教育に見る4側面/③日本の人権教育政策に見る4側面/④人権教育の土台にある人権とは?/⑤国際的な人権確立の動き/⑥人権教育の時代/⑦本書の構成

第1章 学校・子ども・人権
1 子どもの人権
①子どもの人権と私たち/②子どもの権利条約の成立とその背景/③4つの大切な原則/④子どもの権利と児童虐待

2 障害者と人権
①個人モデルを批判する/②社会モデルで考える/③健常を問い、自分に向き合う

3 在日外国人と多文化共生
①在日外国人って、どんな人?/②日本の外国人政策―「移民政策はとらない」の矛盾/③<外国人>の子どもたちと教育/④同調圧力と同化主義

4 部落差別と人権
①明治の資本主義社会になって始まった部落問題/②被差別部落の人たちによる差別反対闘争/③戦後の政府による政策動向/④現代における部落差別の現実

5 ジェンダーとセクシュアリティ
①学校の風景を変えていく/②「普通」を疑い、「当たり前」を超える/③「男女平等幻想」を超えていく


第2章 人権を学ぶ基礎概念
1 多様性とアイデンティティ
①多様性とは/②金子みすゞと「みんなちがってみんないい」/③「多様性を尊重する」とは/④社会的・文化的アイデンティティ

2 バイアスを見抜く ①
①「差別」とは何か/②個人的差別と制度的差別/③ステレオタイプ/④偏見/⑤スケープゴート/⑥ヘイトスピーチ

3 バイアスを見抜く ②
①「差別と全般的不利益の悪循環」/②「逆差別」論の登場/③機会の平等と結果の平等/④「特権」と権力/⑤特権は客観的な側面から論じる

4 バイアスを見抜く ③
①マイクロアグレッション/②機能的偏見/③同調的偏見/④克服の道筋

5 「寝た子を起こすな論」を超えて
①「寝た子を起こすな論」とは/②市民意識調査から/③「寝た子を起こすな論」の誤り/④「同対審答申」のなかで/⑤「どう教えるべきか」へ

6 実践的行動力を身に付ける
①その場でどう行動するか/②社会に働きかける


第3章 同和教育実践の再発見
1 学校を欠席する子どもへの取り組み
①人権の視点で不登校を考える/②「学校を欠席する子ども」の理解と対応/③戦後の同和教育と長欠・不就学の克服/④教科書無償化の闘い

2 子どもたちの「荒れ」とその克服
①現代の子どもと「荒れ」/②少年非行における被害性と加害性/③「荒れ」の理解とその克服―社会的立場の自覚/④集団づくりを基盤とした自主活動

3 格差をのりこえる学力保障
①調査は誰のためのものか/②学校は平等化装置か/③部落の子どもたちの低学力の事実に向き合う/④人間解放につながる学力観と教育内容の創造/⑤「くぐらせ期」とひらがな指導/⑥学力格差の再発見と同和教育/⑦格差を克服する学校と学力保障の取り組み

4 生き方を育み、未来をひらく進路保障
①社会的に排除される子どもと進路/②同和教育の総和としての進路保障―解放奨学金と統一応募用紙/③人権教育を土台に据えたキャリア教育


第4章 生活を通して子どもをつなぐ集団づくり
1 集団づくりの歴史と人権
①集団づくりの位置づけ/②同和教育実践における集団づくり①(1950~60年代)/③同和教育実践における集団づくり②(1970~80年代)/④同和教育実践における集団づくり③(1990年代~)

2 生活背景を通して子どもを理解する
①子どもの暮らしを知るところから/②自らの「特権」と「内なる多様性」に気づく/③「どうしたん?」から始まる他者に対する関心/④分断された関係をつなぎ直すという視点/⑤家庭訪問で子どもの事実に近づく

3 教師が子どもとつながる
①「子どもとつながる」から始めよう/②子どもとつながる回路(チャンネル)をひらく/③家庭学習帳のススメ/④振り返りノートのススメ/⑤書かない子ども

4 自己開示とカミングアウト
①個人情報とプライバシー/②自己開示とフィードバック/③つながるためのカミングアウト/④カミングアウトを受けるとき

5 子どもをつなぐ、子どもがつながる
①子どもをつなぐ道具箱/②教師の立ち位置と集団を読み解く力/③子どもがつながる自主活動/④ 子どもの集団分析で教職員がつながる


第5章 人権学習をつくる視点と方法
1 主体的・対話的な学びのなかで
①学習指導要領の改訂と主体的・対話的な学び/②生活科の誕生と主体的・対話的な学び/③「ひらがな指導」と「スタートカリキュラム」/④「総合的な学習の時間」と主体的・対話的な学び/⑤「全同教の四認識」とアクティブラーニング

2 集団づくりと結びつけた展開
①前提としての人権の視点/②授業としての人権教育/③集団で真理を追究する/④ともに闘うなかまづくりとして

3 自分とのかかわりを意識した展開
①一人の子どもに寄り添う人権学習/②ESDと人権学習

4 人権の理念をベースにした総合的な学習の創造
①地域学習の継承と発展/②新たな人権学習の内容・方法の創出


第6章 地域とつながる人権教育
はじめに
1 子どもの権利保障
①「子どもの権利条約」に見る子どもの人権/②子どもの権利保障―スクールソーシャルワークの実践/③個人の問題を社会関係のなかでとらえる―エコロジカルな視点/④社会を変える・当事者を変える―アドボカシーとエンパメント

2 人権教育の内容創造
①地域教材から人権総合学習へ/②地域との連携の現状―全国調査より

3 人権のまちづくり
①教育コミュニティづくり/②地域における人々のつながり

第7章 人権教育の現代的課題
1 国際的な人権教育の展開

2 新しい時代を迎える日本の人権教育
①続々と制定される個別課題関連法/②重要になる個別課題の学習

3 シティズンシップ教育の時代
①世界で注目されるシティズンシップ教育/②シティズンシップ教育とは何か/③シティズンシップ教育と人権教育/④道徳の教科化と人権教育

参考図書
おわりに

版元から一言

人権教育を幅広く学び、考えるテキスト!

著者プロフィール

神村 早織  (ジンムラ サオリ)  (編著

1983年度に大阪府内の公立中学校教員として赴任。大同教(現在の大阪府人権教育研究協議会)、大阪府教育センターなどを経て、現在、大阪教育大学教職教育研究センター准教授。共著に『格差をこえる学校づくり』(大阪大学出版会)、論文に「校区の社会経済的格差と教師の役割認識」『教育社会学研究』、「人権教育の視点からみるスクールソーシャルワークのあり方」『神戸親和女子大学児童教育学研究』など。

森 実  (モリ ミノル)  (編著

1984年度に大阪教育大学講師として赴任。現在は同大学教職教育研究センター教授。著書に『知っていますか? 同和教育 一問一答』『知っていますか? 人権教育 一問一答』、共著に『多様性教育入門』『多様性の学級づくり』(以上は解放出版社)、『シティズンシップへの教育』(新曜社)、『日本の社会教育・生涯学習』(大学教育出版)、共編著に『子ども虐待 理解と対応』(生活書院)など。

上記内容は本書刊行時のものです。