版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「つながり」を育み 授業を愉しむ 園田 雅春(著/文) - 解放出版社
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号: 03-5213-4771
注文FAX番号: 03-5213-4777
注文メール: hanbai@kaihou-s.com

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|日教販
直接取引: なし
返品の考え方: 委託期限終了後はFaxにて返品ご依頼書をお送りください

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784759220414

「つながり」を育み 授業を愉しむ

教育
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:解放出版社
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ13mm
重さ 266g
224ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-7592-2041-4   COPY
ISBN 13
9784759220414   COPY
ISBN 10h
4-7592-2041-0   COPY
ISBN 10
4759220410   COPY
出版者記号
7592   COPY
Cコード
C0037
一般 単行本 教育
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年7月15日
書店発売日
登録日
2021年5月17日
最終更新日
2021年7月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

子どもが豊かに「つながり」、授業を「愉しむ」教室をつくりたい。この切実な願いを叶えるための実践的方法を数多く提案。子どもの事実をもとに書き上げたエッセイ風の軽妙な短編集である。どのページからでも入り込める「読むサプリメント」として必携。全ページに一貫するのは「人権の視点」を尊重した授業と学級づくりの高度一体化──。

目次

はじめに

第一章 「つながり」を育む学級づくり
さらば「エレベーター集団」
子どもを「信じて、頼る」
衝撃的な「学級通信」
学級づくりの「手ほどき」
子どもに寄り添うという意味
「カッコいい」子どもたち

第二章 授業づくりを愉しむために
その発言が気になった
授業中の教師の声
突き刺さった「一言」
万全の「指導案」は必要か
『水平社宣言』の授業と子どもの学び
きょうの授業で何を学んだか
自尊感情が高い理由がわかった
学校の成績は何で決まるのか

第三章 「人権・道徳の授業」と教材研究を愉しむために
『およげないりすさん』は強い
「エエとこ止め」授業のすすめ
子どもの経験と知恵が生きる授業
教師の「ストライクゾーン」が授業を決める
『はしの上のおおかみ』の可能性は大きい
『かぼちゃのつる』と運転手
「授業」と車の運転
『星野君の二塁打』と偏見
『ぼくの草取り体験』と暴言
『ヒキガエルとロバ』の悲しみと怒り
『ヨシト』とインクルージョン
『二通の手紙』その是非論
『お駄賃の味』と『二通の手紙』
多面的・多角的な対話が深まる授業
『卒業文集最後の二行』を問う
「道徳の指導法」や、いかに

第四章 教師であることを愉しむために
これが学校というところだ
子どもが二回叱られた時代
その日は「大雨のち快晴」だった
「第五の間」で遊び込む子どもたち
死刑囚からの手紙
「なぜ」「どうして」と問いつづける子どもを
真夏の「新生ロード」に思う

第五章 「つながり」を育み 授業を愉しむ方法
「みんなや先生が大好き」と言い切れる学級
子どもが自ら「する」学級文化活動
教師の「遊び心」と「仕掛け心」が欠かせない
さらば! 「係活動」「会社活動」
教室で「血が凍るような瞬間」はないか
「場」に出くわしたそのときがチャンス
「枝豆型学級」と「豆腐型学級」
学級は「まとめる」ものなのか
では、どのような学級をめざすべきなのか
子どもがつながるために必要なもの

さいごに――小西健二郎の教え

前書きなど

 「学級づくり」と「授業づくり」の高度一体化。本書はこれの実践的な達成のために編まれている。キーワードは「つながり」と「愉しむ」である。
 さまざまな子どもたちが通う今日の学校。その晴れ舞台で、一人残らずすべての子どもが、とりわけ困難な状況にある子どもが、なかまとともにエンパワーするためには一にも二にもつながることが欠かせない。教師と子どもがつながる。子どもと子どもがつながる。子どもと教師と学習材(ひと・こと・もの)がつながる。学びと育ちはそこから始まる。授業もつながりが豊かでなければ深まらない。
 つながりとは、離れていたものと、ものとの間に関係性ができることだ。それは最初から円滑に形成されることなど稀である。苦しみが伴う。よろこびも生まれる。教室でそれらを共有しながら、学級という快適な社会を形成していくことが「学級づくり」である。
 子どもには他者とのつながりを果敢に築いてほしいものだ。「同質」と見なした者同士で群れるのではなく、「異質」と見ていた他者と出会い直して、つながるよろこびを実感してもらいたい。そのとき、いまの自分から脱皮できる。世界が広がる。まさにエンパワメントだ。
 では、子どもと子どもがつながるための方法やいかに。この点については、愉しみながらつながりを育むための具体的な方法論を各章随所に展開している。
 ゆったりと、たおやかに充実感を味わいながら教育という仕事に打ち込みたいものだ。しかし、現実の歯車は逆回転していると言わねばならない。だからこそ、胃をキリキリと痛めるよりも開き直ろう。あえて、いまこそ「仕事を愉しまなくっちゃ」と、顔を上げ、深呼吸しようではないか。新しい空気を胸いっぱい吸おうではないか。現実から目をそらすことを促すわけではない。子どもたち・同僚たちともども、きびしい現実を半歩でも一歩でも打開していくための底力。これを互いに元気よく発揮したいものである。

著者プロフィール

園田 雅春  (ソノダ マサハル)  (著/文

1948年京都市生まれ。教育実践研究者。元大阪教育大学教授・同大学附属平野小学校校長(併任)。これまで大阪府高槻市立小学校教諭、大阪成蹊大学教授、びわこ成蹊スポーツ大学客員教授などを歴任。学級文化研究会代表。
〈主な著書〉
『道徳科の「授業革命」 人権を基軸に』(解放出版社 2018年)、『自尊感情が育つ元気教室』(解放出版社 2016年)、『自尊感情を高める学級づくりと授業』(雲母書房 2013年)、『いま、『学級革命』から得られるもの──小西健二郎の実践思想とスキル』(明治図書出版 2010年)、『学校はドラマがいっぱい 育てよう自尊感情』(法蔵館 2002年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。