版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
探偵小説の英語 秋元実治(著/文) - 開拓社
..
開拓社 言語・文化選書 86

探偵小説の英語 後期近代英語の観点から

発行:開拓社
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ17mm
重さ 270g
204ページ
定価 2,000円+税
ISBN
9784758925860
Cコード
C1382
教養 全集・双書 英米語
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年6月10日
最終更新日
2020年6月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

本書は、Walpole (1717-97) からAgatha Christie(1890-1976) に至る8 つの探偵小説の文法的・文体的特徴を後期近代英語との関連で記述したものである。I では各作品の文法的・文体的特徴の記述、そしてII ではこれらの特徴をより広い英語史的コンテクストにおいて考察した。その結果、探偵小説特有の表現や言葉の使い方およびそれらの変遷を史的観点からも眺めることができ、 このジャンルの小説の理解が一層深まるであろう。

著者プロフィール

秋元実治  (アキモト ミノジ)  (著/文

東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。現在、青山学院大学名誉教授、文学博士。
主な業績:『文法化― 研究と課題』(編、英潮社、2001)、『文法化― 新たな展開』(共編著、英潮社、2005)、『Comment Clause の史的研究― その機能と発達― 』(編、英潮社フェニックス、2010)、『文法化と構文化』(共編著、ひつじ書房、2013)、『増補文法化とイディオム化』(ひつじ書房、2014)、『日英語の文法化と構文化』(共編著、ひつじ書房、2015)、『Sherlock Holmes の英語』(開拓社、2017)など。

上記内容は本書刊行時のものです。