版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
思想の英雄たち : 保守の源流をたずねて 西部 邁(著) - 角川春樹事務所
...
ハルキ文庫 Haruki Bunko

思想の英雄たち : 保守の源流をたずねて

縦16mm
312ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-7584-3629-8
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2012年1月
登録日
2015年8月20日
最終更新日
2015年8月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2012-02-12 東京新聞/中日新聞

紹介

いかなる方向に臨めば日本が文化的小児病から脱することができるのか、そしてその果てに日本文明の成熟をすら望みうるのか(「西欧の自己懐疑と日本の自己放棄」より)-保守的自由主義の源流、エドマンド・バーク、「大衆」に関して、それを「奇怪」なる存在と捉えていたキルケゴール、民主主義批判をしたニーチェ…など十五人の思想家たちの言説を、私たちが今を生き抜くための精神的な糧にしようとする画期的な書、待望の文庫化。

目次

西欧の自己懐疑と日本の自己放棄-序章
保守的自由主義の源流-エドマンド・バーク
大衆批判の原点-セーレン・キルケゴール
多数者への抗議-アレクシス・ド・トックヴィル
近代に突き刺さった棘-フリードリッヒ・ニーチェ
進歩への悲観-ヤーコブ・ブルクハルト
群衆への闘い-ギュスターヴ・ル・ボン
諧謔による正統の擁護-ギルバート・チェスタトン
文明という名の死-オズヴァルト・シュペングラー
文化的小児病への恐怖-ヨハン・ホイジンガ〔ほか〕

上記内容は本書刊行時のものです。