版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
流星シネマ 吉田篤弘(著/文) - 角川春樹事務所
..

流星シネマ

四六判
264ページ
定価 1,600円+税
ISBN
9784758413497
Cコード
C0093
一般 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年4月17日
最終更新日
2020年5月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-06-28 産經新聞  朝刊
評者: 青木奈緒(文筆家)

紹介

鯨塚とも呼ばれるガケ下の町。僕は、その町で「流星新聞」を創刊したアルフレッドの手伝いをしながら暮らしている。
その町には、「オキナワ・ステーキ」というお店を営む同級生のゴー君、
『メアリー・ポピンズ』をこよなく愛するミユキさん、
ロシアン・コーヒーとカレーが名物の「バイカル」という喫茶店を営む椋本さん、
ガケ上で、「ひともしどき」という詩集屋を営むカナさん……など個性的で魅力的な仲間たちがいる。
そんなある日、アルフレッドが昔、取材で町の人々を撮影した8ミリが見つかり、編集して音楽つきで上映会をすることになった。
ラストには、あたたかな涙があふれる、春風のような物語。

上記内容は本書刊行時のものです。