版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
すべての臨床医が知っておきたいIBDの診かた 仲瀬 裕志(著/文) - 羊土社
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3
【利用不可】

すべての臨床医が知っておきたいIBDの診かた (スベテノリンショウイガシッテオキタイアイビーディーノミカタ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:羊土社
A5判
220ページ
定価 5,000円+税
ISBN
978-4-7581-1080-8   COPY
ISBN 13
9784758110808   COPY
ISBN 10h
4-7581-1080-8   COPY
ISBN 10
4758110808   COPY
出版者記号
7581   COPY
Cコード
C3047  
3:専門 0:単行本 47:医学・歯学・薬学
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2023年9月6日
最終更新日
2023年12月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

薬剤の種類が多い,病態が多様など悩ましいIBD.疑うべき症状から,病態・疾患活動性と結びつけた治療の考え方・実際の処方まで最新知見をふまえ解説.合併症や高齢・小児・がん患者等でおさえるべきこともわかる

目次

【目次】
第1章 IBDの知っておくべき基礎知識
1)IBDとは~どのような疾患なのか?
2)歴史~いつ報告されたのか?
3)疫学~海外・日本の動向とは?

第2章 IBDの病因・病態
1)IBD発症に関連する因子~遺伝的素因・環境因子・腸内細菌の重要性
2)免疫異常がもたらす複雑な病態~腸管上皮細胞・免疫細胞・サイトカインからIBDをみる

第3章 IBDの診断
1)どのような場合にIBDを疑って診断を進めていくか?
2)診断基準と鑑別~厚生労働省診断基準

第4章 IBDにおける画像検査
1)画像検査をどのように活用するか?
2)各検査の特徴

第5章 IBDの治療
1 治療の基本
1)治療概念の変遷
2)UC治療の基本アルゴリズム
3)CD治療の基本アルゴリズム
4)専門施設へ紹介すべきタイミング

2 内科治療と副作用
1)5-ASA製剤
2)ステロイド
3)チオプリン製剤(免疫調節薬)
4)カルシニューリン阻害薬(免疫抑制薬)
5)血球成分除去療法
6)抗TNF-α抗体製剤(生物学的製剤)
7)抗IL-12/23p40抗体製剤(生物学的製剤)
8)インテグリン阻害薬(生物学的製剤)
9)JAK阻害薬(低分子化合物)
10)抗IL-23p19抗体製剤(生物学的製剤)

3 最新治療
1)GLP-2 アナログ(テデュクルチド)
2) MSC療法

4 IBDの外科治療
1)UCの外科治療
2)CDの外科治療

第6章 IBDの合併症
1)知っておくべき腸管外症状
2)関節炎
3)感染症
4)血栓症
5)炎症性発がん
6)骨粗鬆症,サルコペニア
7)原発性硬化性胆管炎(PSC)
8)皮膚病変

第7章 IBDのspecial situation
1)高齢IBD患者
2)小児IBD患者の治療・管理
3)がん患者のIBD管理
4)IBD患者における妊娠
5)IBDとSARS-CoV-2感染

Advanced
これからのIBD治療に向けて~OmicsパネルのIBD病態解明・治療への応用

索引

上記内容は本書刊行時のものです。