版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
1933年を聴く 齋藤 桂(著/文) - NTT出版
..

1933年を聴く 戦前日本の音風景

発行:NTT出版
四六判
定価 2,400円+税
ISBN
9784757143531
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年10月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-03-03 日本経済新聞  朝刊
評者: 細馬宏通(滋賀県立大学教授)

紹介

世界がファシズムに傾斜していく境ともいえる1933年。その年の音と音楽に関連するユニークな出来事を通して、1933年の空気を浮かび上がらせ、それ以前/それ以後の日本社会の変化を読み取る。

目次

1 尺八奏者・野村景久による殺人――音楽の合理化と精神論
2 「良い」田舎と「悪い」田舎――音楽における都市と地方
3 伊豆大島三原山に見る近代――自殺ブームと音楽
4 政治・経済と音楽家たち
5 国際連盟脱退という「まつりごと」――デモ行進の音楽
6 サイレンのある街――時報、防空警報、皇太子の誕生

著者プロフィール

齋藤 桂  (サイトウ ケイ)  (著/文

1980年生まれ。大阪大学文学部助教。専門は、日本音楽史、歴史学。
著書に、『〈裏〉日本音楽史――異形の近代』(2014、春秋社)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。