版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
新生のアルストピア 金山 弘昌(責任編集/著) - ありな書房
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

不明

取引情報

直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

新生のアルストピア (シンセイノアルストピア) ジャンバッティスタ・ティエポロからアントニオ・カノーヴァへ
原書: Collectio artium Italicarum V Neoclassicismus, ARSTOPIA VITAE NOVAE: Ex GiamBattista Tiepolo ad Antonio Canova

芸術
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:ありな書房
A5判
244ページ
上製
定価 4,500円+税
ISBN
978-4-7566-2278-5   COPY
ISBN 13
9784756622785   COPY
ISBN 10h
4-7566-2278-X   COPY
ISBN 10
475662278X   COPY
出版者記号
7566   COPY
Cコード
C0070  
0:一般 0:単行本 70:芸術総記
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2022年1月
書店発売日
登録日
2021年12月1日
最終更新日
2021年12月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ジャンバッティスタ・ティエポロを出発点として、四つの章にわたって一七世紀と一八世紀のイタリア美術の諸相を詳細に分析し、それらをふりかえりつつ、この時代のイタリア美術が置かれた新たな状況と、それに対する回答として示された新しい美の世界について、俯瞰的に眺める。ジャンバッティスタ・ティエポロの《四大陸とアポロン》にはヨーロッパ大陸以外の周縁地域──アメリカ、アジア、アフリカの各大陸を含めた新しい拡大されたトポスの世界観が、ピエトロ・ロンギの《犀のクララ》にはヴェネツィアのより日常的な生活に取材したあたかもオペラの舞台であるかのような光景が、ピラネージの《ハドリアヌス帝廟の地下基礎の景観》には建築主題の版画というジャンルを通した国際的な美術のネットワークの形成が、カナレットの《キリスト昇天祭の日、プチントーロの帰還》にはグランド・ツアーに必須であったヴェネツィアの祝祭空間が、アントニオ・カノーヴァの《横たわるアモルとプシュケ》にはヴェネツィア美術の伝統の汎ヨーロッパ的拡大が、新たな新古典主義という美の発見と結びついている。かくしてこれら新たな模範の発見と合理主義を根拠とするバロック・ロココ批判が結びついたとき、古典主義は実践と理論の両面において革新され、新たな様式、すなわち新古典主義として現われたのである。ヴィンケルマンが提唱したあまりにも有名な「静かな単純さと高貴な偉大さ」というモットーは、まさに新古典主義の信条であり、様式的な指標となり、とくにカノーヴァにおいては、ギリシア彫刻を模範としつつ、同時に官能性や古代への熱狂という、合理主義を超えた、ロマン主義への予兆をかいま見ることができよう。

目次

プロローグ ジャンバッティスタ・ティエポロの指し示すもの  金山弘昌
第1章 仮面の国のクララ──一八世紀ヴェネツィアとピエトロ・ロンギの喜劇的風俗画  足達薫
第2章 石積みの美学──ピラネージ《ハドリアヌス帝廟の地下基礎の景観》  金山弘昌
第3章 ヴェネツィアと祝祭 ──カナレットの《キリスト昇天祭の日、ブチントーロの帰還》をめぐって  金沢文緒
第4章 抱擁とキス──アントニオ・カノーヴァ《横たわるアモルとプシュケ》再訪  新保淳乃
エピローグ 新古典主義、あるいは新しい美の世界  金山弘昌

人名索引

著者プロフィール

金山 弘昌  (責任編集/著

慶應義塾大学文学部教授/イタリア美術史

足達 薫  (

東北大学大学院文学研究科教授/イタリア美術史

金沢 文緒  (

岩手大学教育学部准教授/イタリア美術史

新保 淳乃  (

武蔵大学人文学部講師/イタリア美術史

上記内容は本書刊行時のものです。