版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
印象派 キャスリーン・アドラー(著) - ありな書房
.
ナショナル・ギャラリー・ポケット・ガイド

印象派
原書: POCKET GUIDES IMPRESSIONISM

発行:ありな書房
四六判
縦188mm 横127mm
112ページ
並製
価格 1,600円+税
ISBN
978-4-7566-1863-4
Cコード
C0071
一般 単行本 絵画・彫刻
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2018年11月14日
最終更新日
2018年11月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

クールベが《オルナンの埋葬》をサロンに出展し批判を受けたその年、1851年の12月、第二共和政の初代大統領ナポレオン三世がクーデターにより全権を掌握し、第二帝政という時代が幕を開けた。この時代は、オッフェンバックのオペレッタに見られるように、「旧」の文化が「新」の文化にまさに変質変容していくその途上にあって、政治的、経済的、芸術的なカオスとも言える時代であった。その変質変容の大きな要素となったのは、政治的要請によるオスマンによるパリの構造的な大改造であった。これは、中世そのままの町であった「パリ」という都市の機能と構造を根底から──衣・食・住のすべてにわたり──覆し、それまでの旧い経済構造を新しい大衆消費社会へと、眼に見えるかたちで「パリ」をヨーロッパ一の近代都市へと変質変容させ、過渡期特有の文化の爛熟を招来させたのである。この「新」の文化は、美術にも大きな波紋を及ぼし、それまでのアカデミーの規範を超え、美術家の個性を自由に表現する方向へと流れの扉を開けたのである。すなわちそれは、美術家それぞれの目を通してとらえられた対象を、写実的でありながら主観的なヴィジョンとして表現すること──すなわち印象派の誕生──であった。「印象派」という呼称のもととなったモネの《印象・日の出》はおくとして、この流れの最初の底流をなしたのはおそらく「マネ」の数々の作品と思われる。たとえば、「自分の目の前のその現実を……色彩と形態による詩の世界」に歌いあげた、《テュイルリー庭園の音楽会》や物議をかもした《草上の昼食》に見事に表わされているように、印象派の描く絵画作品もまた、この時代の新興の都市文化とその社会的感性に深く結びついていると理解することができよう。オスマンの都市改造によってパリという近代都市が美観を獲得していくのと歩を同じくするように、その絵画的表象をこの時代の新興の都市文化とその社会的感性という視点から描いたのが印象派であり、その近代的感性で自然と都市風景を描いたのがモネであった。この印象派という流れを強力に推進したこの画家は、《ラ・グルヌイエールの水浴者たち》をはじめ、《サン・ラザール駅》、そして《睡蓮の池》など、印象派の中心的な画家であった。

目次

まえがき
序 文 印象派とは何か
印象派の始まり
  典型的な「印象派」絵画とは
  パリのサロン
  印象派の先駆者たち
  1860年代のルノワール
  ロンドンのモネとピサロ
印象派展の美学
  ルノワール 印象派の画家
  モネと鉄道
  ピサロと印象派
  ドガと印象派
  セザンヌと印象派
  シスレーとモリゾ 二人の無視された印象派の画家
転換期の印象派
  ピサロと人物像
  ドガと人物像
  ドガ、反復、そして連作
  ピサロと連作
  モネと連作
印象派の歴史
  印象派絵画の収集
  ナショナル・ギャラリーと印象派
  今日の印象派
訳者あとがき
さらに理解を深めるためのブック・ガイド

著者プロフィール

キャスリーン・アドラー  (キャスリーン アドラー)  (

ナショナル・ギャラリー学芸員

石井 朗  (イシイ アキラ)  (企画構成

表象芸術論

上記内容は本書刊行時のものです。