版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
アトラス、あるいは不安な悦ばしき知 ジョルジュ・ディディ=ユベルマン - ありな書房
.
歴史の眼3

アトラス、あるいは不安な悦ばしき知
ATLAS OU LE GAI SAVOIR INQUIET L’ŒIL DE L’HISTOIRE, 3

発行:ありな書房
A5判
縦216mm 横152mm
416ページ
上製
価格 6,000円+税
ISBN
978-4-7566-1541-1
Cコード
C3071
専門 単行本 絵画・彫刻
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2015年11月
書店発売日
登録日
2015年11月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

あらゆる種類の形象がちりばめられたヴァールブルグの『ムネモシュネ・アトラス』、偉大な記憶の展覧の不安な悦ばしき知、歴史の混沌の痛々しい標本、すべての被造物を解体し、魂の最奥の場所にのみ起源を見いだしうる規則に従って蒐集され、配置された煌星によって新しい世界を創造する〈アトラス〉、これらが、イメージの歴史的内在性を可視的なものにする、パラドキシカルで豊饒な地図を、空間と歴史の運動の中で生成する天球を開視する!

目次

Ⅰ 不調和なもの──「これまで書かれなかったものを読むこと」
汲み尽くせぬもの、あるいは想像力による認識
われわれの時代の遺産──アトラス『ムネモシュネ』
内臓的なもの、星辰的なもの、あるいは、いかにして羊の肝臓を読むのか
通約不能なものの狂気と真理
蒐集のための図表/盤、世界の分割
ヘテロトピア、すなわち違和感の地図製作
豹、星辰天、天然痘、染み

Ⅱ アトラス──「苦悩の世界全体を支える」
世界の重荷の下で屈曲する巨人
追放された神々と苦しみの知
悲劇の残存、不安な悦ばしき知の曙光
「理性の眠りは怪物を生む」
イメージの観点からの人類学
混沌の見本化、あるいは現象の詩学
起源の点と親和性の場所
アトラスと放浪するユダヤ人、あるいは貧困の時代

Ⅲ 惨 禍――「世界の解体、そこに芸術の主題がある」
文化の危機と現代の「魂の戦い」
実証主義の爆発、あるいは「ヨーロッパの諸学の危機」
戦争を前にしたヴァールブルク――カードボックス一一五~一一八
爆発の地震計
惨禍の再来に関する動向の図表/盤
イメージのアトラスと包括的な視線
無限なるもの、あるいは再‐モンタージュへの知識

原 注
書誌インデックス
解説 ディディ = ユベルマンの前で──『ムネモシュネ・アトラス』の読解可能性 伊藤博明
人名/著作名/美術作品名 索引

著者プロフィール

ジョルジュ・ディディ=ユベルマン  (ジョルジュ ディディ ユベルマン

フランスの最も先鋭的な表象論を語る哲学者にして思想家

伊藤博明  (イトウヒロアキ)  (訳・解説

日本におけるイタリア・ルネサンス研究の第一人者、芸術論を専門とする

上記内容は本書刊行時のものです。