版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
林京子の文学 : 戦争と核の時代を生きる 熊 芳(著) - インパクト出版会
...

林京子の文学 : 戦争と核の時代を生きる

B6判
縦190mm
353ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-7554-0283-8
出版社在庫情報
不明
初版年月
2018-1-31
登録日
2018年3月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-03-11 読売新聞  朝刊

紹介

主要作品を読み解きながら、日本人の戦争・戦後責任、原爆と原発による加害と被害問題を考察した書き下ろし論稿。

目次

第1章 上海(戦争)体験(戦中生活の「光」と「影」-『ミッシェルの口紅』
戦後上海再訪記-『上海』
大人としての上海追体験-『予定時間』)
第2章 「八月九日」の語り部(体験と記憶-『祭りの場』
「傷もの」の有り様-『ギヤマンビードロ』
「八月九日」を語る-『無きが如き』
鎮魂の「紙碑」-『やすらかに今はねむり給え』)
第3章 戦後を生きる被爆者(『三界の家』とは…
結婚生活の"奥底"-『谷間』
もう一つの「鎮魂」-『長い時間をかけた人間の経験』)
第4章 核の恐怖と人間の存在(被爆者は"人間"だけなのか-『トリニティからトリニティへ』
"反原発"へ-『収穫』
"再出発"の可能性-『希望』
「フクシマ」後の報告-『再びルイへ』)

上記内容は本書刊行時のものです。