版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
緑の信管と緑の庭園 岩永 弘人(著/文 | 編集) - 音羽書房鶴見書店
..

書店員向け情報

緑の信管と緑の庭園 岩永弘人先生退職記念論集

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
縦217mm 横156mm 厚さ32mm
重さ 700g
431ページ
定価 3,800円+税
ISBN
978-4-7553-0423-1   COPY
ISBN 13
9784755304231   COPY
ISBN 10h
4-7553-0423-7   COPY
ISBN 10
4755304237   COPY
出版者記号
7553   COPY
Cコード
C3098  
3:専門 0:単行本 98:外国文学、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年3月9日
書店発売日
登録日
2021年3月13日
最終更新日
2021年3月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

岩永弘人先生の退職を記念して編まれた、31人の寄稿者による論集。

目次

まえがき 寺本 明子

Ⅰ〈コトバは学べる、 近道はある。〉
1. Teaching Formal Schemata for Reading Expository Texts Koji HIROSE
2. Identifying the types of repair produced by Japanese learners of English in a spoken corpus  Aika MIURA
3. 聴覚障害学生支援と大学教育 ─東京農業大学必修英語科目における支援実践例を中心に─ 谷本 佳子

Ⅱ〈シェイクスピアとそのたくらみ〉
4. Embodying Shakespeare in Japanese Schools: Shifting Biographical Images in Locally Produced English Textbooks  Kohei UCHIMARU
5. 教室のシェイクスピア ─英文学教育の実践現場から─  西尾 洋子
6. ハンフリー・レプトンにおけるイコノテキスト的改良思考─シェイクスピア・ギャラリーの鑑賞手引き書としての『蜂』 (The Bee, 1789)をめぐって─  山本 真司

Ⅲ〈初期近代は現代だ〉
7. 『ジュリアス・シーザー』におけるブルータスの名誉と追従 高根 広大
8. 『ユーレイニア』 と『ヴォルポーネ』 における「話す行為」─異文化の出会いとジェンダーの観点から─  石渕 理恵子
9. The Bear in The Winter's Tale and King James I's Enthusiasm for “Bear-Baitings”  Marie HONDA

Ⅳ〈板にのせる/時代にのせる〉
10. 舞台に見る宗教・人種間の深い溝─相互理解の限界と挑戦─  池田 明子
11. モンタギュ夫人の倒立した喜劇『天真爛漫』─マリヴォの『 愛と偶然の戯れ』 と比較して─  海老澤 邦江
12. ドンマー・ウェアハウス劇場における『ヘンリー4 世』─女囚シェイクスピアの「脱線」 と「錯覚」 の効果─  阪本 久美子
13. セミ・オペラ『ミランダ』─ミランダの“sea-change”とプロスペローに対する大嵐─ 高橋 百合子
14. 処女(おとめ)たちの勝利─ジョン・リリー『ガラテア』 における女性同性愛の表象─ 松尾 江津子

Ⅴ〈ポスト真実時代に読むフィクション〉
15. 「サラダボウル」 アメリカの縮図─ウィラ・キャザーの『私のアントニア』─  鵜沢 文子
16. “Like an Angry Ape”─エドガー・アラン・ポー「跳び蛙」 再読─  黒阪 有紀
17. ある水死願望─ウォルター・ペイター「セバスティアン・ファン・ストルク」 における「均衡」 ─ 田中 裕介
18. 『フィーメイル・キホーテ』 第9 書第11 章は“the best Chapter” か?─シャーロット・レノクスのロマンス論再考─  原田 範行

Ⅵ〈詩を詩として読む〉
(1) 初期近代
19. Parenting Goddess: Spenser’s Venus and Adonis in Book III of The Faerie Queene  Yuri ENJO
20. カウリーのハーヴィー称賛詩について 植月 惠一郎
21. All fear of tempest or of wracke─ソネット詩集 Zepheriaの「 怖れ」─  岩永 弘人
22. 「わたしの顔に唾を吐け」 にジョン・ダンが書いていないこと 冨樫 剛
23. 牧歌と神話のクローリス─イングランド内乱期および共和制下のミセラニーと歌集から─ 笹川 渉
24. ジョン・ダンの「 死」 をめぐる考察─『 急な病の折の祈祷集』,『 死の決闘』,「 死よおごるなかれ」 について─ 宮本 正秀

(2) ロマン派から19 世紀
25. ジョージ・キートの『アルプス』 を読む 海老澤 豊
26. Thomas Hood, The Dream of Eugene Aram, the Murdererにおけるバラッドの継承 鎌田 明子

(3) 現代
27. A Secretary-Typist is the Artist: A Working Woman's Literary Enterprise in Stevie Smith's “Childe Rolandine” Keiko KIGUCHI
28. シェイマス・ヒーニーにおける愛という情動─女性と他者に近づきえるもの─ 諏訪 友亮
29. The Female Body: Elsa von Freytag-Loringhoven and Harryette Mullen 堀 祐子

Ⅶ〈翻訳〉
30. 『カルタゴの女王ダイドウ』 高橋(岩永) 祥惠
31. ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ 訳詩「愛の中の死」(ソネット集「生の家」第 48番)加藤 千晶

あとがき 岩永 弘人

Contents
執筆者紹介/発起人・編集委員

上記内容は本書刊行時のものです。