版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
諸世界の戦争 ブリュノ・ラトゥール(著/文) - 以文社
.

諸世界の戦争 平和はいかが?
原書: War of the Worlds

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:以文社
四六判
136ページ
価格 2,200円+税
ISBN
978-4-7531-0359-1   COPY
ISBN 13
9784753103591   COPY
ISBN 10h
4-7531-0359-5   COPY
ISBN 10
4753103595   COPY
出版者記号
7531   COPY
 
Cコード
C0010
一般 単行本 哲学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年10月15日
書店発売日
登録日
2020年9月14日
最終更新日
2020年11月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「単一自然」の政治から「多自然」の政治へ。
現代人類学・現代思想における存在論的転回の中核をなしきたブリュノ・ラトゥールが語る「戦争と平和」とは。
ラトゥールは、グローバルな多文化主義の背後に潜む「単一自然」の問題性を指摘し、「多自然」主義にもとづく政治を提唱する。
現行のグローバリゼーションとカント以来の「永遠平和」をリセットする21世紀の存在論的政治学の試み。

目次

ChapterI  九 一 一
Chapter II  ひとつの自然/多くの文化という分割によって与えられる間違った平和
Chapter III  単一自然から多自然主義へ
Chapter IV「平和ヲ欲スル者ハ……宣戦布告せよ」
ChapterV  いかなる統一なのか? 自然法主義か? あるいは構成主義か?

訳者あとがき セール、ラトゥール、グリッサンをめぐる覚書(工藤晋)

解 題 わたしたちの「外交官」とは誰か、わたしたちの「共通世界」とは何か(近藤和敬)

著者プロフィール

ブリュノ・ラトゥール  (ブリュノ ラトゥール)  (著/文

1947年、フランス生まれ。哲学者・人類学者。現在、パリ政治学院メディアラボ並びに政治芸術プログラム(SPEAP)付きの名誉教授。専門は科学社会学・科学人類学。主な邦訳に『近代の〈物神事実〉崇拝について ならびに「聖像衝突」』(以文社)などがある。

工藤晋  (クドウシン)  (翻訳

1960年生まれ。翻訳家。都立高校教諭。関心領域はカリブ海文学、比較詩学。近年の翻訳にエドゥアール・グリッサン『ラマンタンの入江』(共訳、水声社)、ティム・インゴルド『ラインズ 線の文化史』(左右社)などがある。

近藤和敬  (コンドウ カズノリ)  (解説

1979年生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(人間科学)。現在、鹿児島大学法文学部准教授。専門は現代フランス哲学。著書に『構造と生成Ⅰ カヴァイエス研究』(月曜社)、『〈内在の哲学〉へ ーカヴァイエス・ドゥルーズ・スピノザー』(青土社)、『ドゥルーズとガタリの『哲学とは何か』を精読するーー〈内在〉の哲学試論』(講談社)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。