版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
不確実性の人類学 アルジュン・アパドゥライ(著/文) - 以文社
.

不確実性の人類学 デリバティブ金融時代の言語の失敗
原書: BANKING ON WORD

発行:以文社
四六判
296ページ
上製
価格 3,000円+税
ISBN
978-4-7531-0358-4
Cコード
C0010
一般 単行本 哲学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年4月30日
書店発売日
登録日
2020年3月25日
最終更新日
2020年5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

国民国家の枠組みを超える、現代の金融市場を成り立たせるものとは何か。
著者である人類学者アパドゥライは、マックス・ウェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』、エミール・デュルケームの『宗教生活の基本形態』などの資本主義研究及び儀礼研究の古典をひもときながら、現代金融市場の論理を分析する。
市場の「装置」と「エートス=不確実性の想像力」のずれに着目し、グローバル金融とデリバティブの論理に抗する「進歩的分人主義」の可能性を探求する、人類学的考察。

目次

序 文

第一章 約束型金融の論理

第二章 企業家の倫理と金融主義の精神

第三章 金融機械のなかの幽霊

第四章 聖なる市場

第五章 社会性、不確実性、儀礼

第六章 カリスマ的デリバティブ

第七章 分人の富

第八章 金融のグローバルな野望

第九章 契約という約束の終わり

【訳者解説】不確実性の人類学のために

著者プロフィール

アルジュン・アパドゥライ  (アルジュン アパドゥライ)  (著/文

1949年,インドのボンベイ(現在のムンバイ)生まれ.シカゴ大学大学院博士課程修了,PhD.シカゴ大学,イェール大学などで教鞭を取り,現在,ニューヨーク大学メディア・文化・コミュニケーション学教授兼IPK(Institute for Public Knowledge)のシニア・フェロー.また,アメリカ芸術科学アカデミーの研究員を務める.専門は文化人類学,南アジア地域研究,文化理論.主な訳書に門田健一訳『さまよえる近代――グローバル化の文化研究』(2004年,平凡社),藤倉達郎訳『グリーバリゼーションと暴力――マイノリティーの恐怖』(2010年,世界思想社)がある.

中川 理  (ナカガワ オサム)  (翻訳

1971年徳島県生まれ.大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程単位取得退学.博士(人間科学).現在,立教大学異文化コミュニケーション学部准教授.専門は,文化人類学.主な編著に,松村圭一郎/中川理/石井美保(編著)『文化人類学の思考法』(2019年,世界思想社),石井正子/中川理/マーク・カプリオ/奥野克巳(編著)『移動する人々:多様性から考える』(2019年,晃洋書房)などがある.

中空 萌  (ナカゾラ モエ)  (翻訳

1983年東京都生まれ.東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了.博士(学術).現在,広島大学大学院国際協力研究科講師.専門は,文化人類学,科学技術社会論.著書に『知的所有権の人類学:現代インドの生物資源をめぐる科学と在来知』(2019年,世界思想社)がある.主な論文に,2019 Making “Pluralistic” Health Systems: Documentation of “Folk” Ayurvedic Knowledge, In Local Health Traditions: Plurality and Marginality in South Asia, edited by Mishra, Arima, 189-207. Orient BlackSwan. などがある.

上記内容は本書刊行時のものです。