版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
文化の中の哲学をたずねて 鈴木 文孝(著) - 以文社
.

文化の中の哲学をたずねて 諦めの哲学および関連論考

発行:以文社
四六判
272ページ
上製
価格 2,700円+税
ISBN
978-4-7531-0346-1
Cコード
C3010
専門 単行本 哲学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年5月
書店発売日
登録日
2018年5月18日
最終更新日
2018年11月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

哲学・倫理学は本質的に学際的性格を帯びた学問である。この学際性を考える場合、西洋近代哲学の自然哲学的起源を看過してはならない。学問の高度化に伴って学問領域の細分化・専門化する今日、哲学の学際性を改めて省察する。

目次

第一編 諦めの哲学
第一章 永井荷風『冷笑』における「諦め」
第二章 くりこみ理論と諦めの哲学
第三章 キリスト教の禁欲倫理と近代人、現代人にとっての禁欲の在り方としての諦め
第四章 哲学・倫理学の意義についての省察

第二編 科学・科学史の中の哲学をたずねて
第一章 ガリレオによる世界像の変革・世界観の革命
第二章「パラダイム」をめぐって
第三章 素粒子の超伝導モデルについての哲学的考察
結び

著者プロフィール

鈴木 文孝  (スズキ フミタカ)  (

1940年静岡県に生まれる。1963年、東京教育大学文学部卒業。1970年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程を学科課程修了にて満期退学。2004年、愛知教育大学教育学部を定年により退職。現在、愛知教育大学名誉教授、文学博士(筑波大学)。
著書:『カントとともに』『永井荷風の批判的審美主義』(以文社)など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。