版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
色彩から読み解く「源氏物語」 江崎 泰子(著/文) - 亜紀書房
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

不明

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
子どもの文化     書店(直)
直接取引:あり
返品の考え方: 返品は常時承ります。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

色彩から読み解く「源氏物語」 (シキサイカラヨミトクゲンジモノガタリ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:亜紀書房
四六判
縦188mm 横130mm 厚さ19mm
重さ 296g
256ページ
並製
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-7505-1844-2   COPY
ISBN 13
9784750518442   COPY
ISBN 10h
4-7505-1844-1   COPY
ISBN 10
4750518441   COPY
出版者記号
7505   COPY
Cコード
C0070  
0:一般 0:単行本 70:芸術総記
出版社在庫情報
不明
発売予定日
登録日
2024年4月5日
最終更新日
2024年6月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

〈紫式部は色に何を託したのだろう?〉

 ●最愛の女、紫の上は赤紫と紅。
 ●ひと夏の恋の相手、夕顔はラベンダー色。
 ●よき相談相手、花散里は露草の青。
 ●出家をした藤壺、空蟬は墨のようなグレーの鈍色(にびいろ)。

稀代の色彩コンダクター・紫式部が『源氏物語』に織り込んだ「色の謎」を読み解く!


**********

〈「紫のゆかりの物語」は色の玉手箱〉

萌黄色(もえぎいろ)、桜色、茜色(あかねいろ)、菫色(すみれいろ)、桔梗色(ききょういろ)……。
平安時代、貴族たちは衣装を自生の植物で染め上げ、それらをいくえにも重ねて身に纏っていた。

その色のコーディネートは「重ね色目」と呼ばれ、桜重ね、紅梅重ね、柳重ね、蟬の羽重ね、紅葉重ね、雪の下重ね……四季折々の美しさに富んだ名を持つ。
それらを今に伝えるのが「源氏物語」だ。

**********

〈『源氏物語』はビジュアル小説〉

物語は、登場人物たちのきらびやかな衣装、交わされる文、華やかな年中行事など、色彩に溢れている。
女房として宮廷に仕えた紫式部は、確かな観察眼と天才的な色彩感覚で、それらの色に女性たちの喜びや悲しみ、嫉妬、生きづらさを託している。

本書は、紫式部が物語に織り込んだ色を、色彩学や心理学の観点から読み解き、1000年前の女性たちの実像に迫る。

目次

一.『源氏物語』は色彩溢れるビジュアル小説
 ●紫式部は女君たちの衣装の色を意図的に描き分けている
 ●日本の伝統色の約七割は平安時代に作られた
 ●美しすぎる、光源氏の「桜重ね」
 ●チャームポイントは、襟元や袖口から覗く配色
 ●貴族社会における「禁色」というタブー
 ●鮮やか、艶やか! 驚きの『源氏物語』の色
 ●季節の移ろいに心を重ねた王朝人の美意識

二.衣装の色が物語る、女君たちの愛と人生
 ●「紫のゆかりの物語」のはじまり
 ●光君に残された空蟬の薄衣はなに色だったか?
 ●夕顔の花から始まった、ひと夏のはかない恋
 ●『源氏物語』の時代、男たちはどんな色を着ていたのか?
 ●年齢とともに変化する紫の上のシンボルカラー
 ●色のない女性たち、葵の上と六条御息所
 ●おかしくて、やがて哀しい、末摘花の赤
 ●緑が象徴する明石の上のセルフコントロール力
 ●花散里が染める露草の青
 ●源氏をふった玉鬘の山吹重ね
 ●可憐なピンクをまとう女三宮の秘密
 ●天才的な色彩演出家、紫式部

三.王朝文化を生んだ貴族たちの恋愛事情
 ●平安時代は、本当に一夫多妻制だった?
 ●待つ女・愛人たちの焦燥と嫉妬
 ●色彩が重要な役割を果たしたファーストコンタクト
 ●女房たちの心をわしづかみにしたラブレターの色は?
 ●色、香り、歌……王朝人が好む“ほのかな美”
 ●宮廷を彩るマスコット、女童たちの装い
 ●平安貴族はどのように喜怒哀楽を表現していたか
 ●心の深層へとつながる絵、音楽、夢

四.色で辿る登場人物たちのその後
 ●女君たちのシンボルカラーが勢ぞろいした六条院のイベント
 ●源氏をめぐる女性たち、それぞれの後半生──明石の上、末摘花、玉鬘……
 ●成長しない姫君の変貌──女三宮
 ●源氏にもっとも愛された女性の幸と不幸──紫の上
 ●鈍色に見る、「出家」という解放
 ●光源氏、最後の一年
 ●色彩から見えた、紫式部の密かな企み

五 紫式部からの問いかけは、千年の時を超え
 ●紫式部はなぜ色彩美あふれる物語を書けたのか
 ●紫式部の前半生──孤独な少女からシングルマザー、作家へ
 ●紫式部の後半生──道長とのウィンウィンな関係
 ●清少納言『枕草子』は輝いていた後宮へのオマージュ
 ●日向よりも陰に目がいく『紫式部日記』の憂鬱
 ●「宇治十帖」で示された女性たちの新たな選択
 ●色彩に託された紫式部のメッセージ

あとがき
参考文献

著者プロフィール

江崎 泰子  (エザキ ヤスコ)  (著/文

長年、編集者として雑誌や単行本の企画・制作に携わった後、1988年、末永蒼生とともに(株)ハート&カラーを設立。色彩心理とアートセラピーの専門講座「色彩学校」の運営や講師を行うかたわら、色彩関係の出版企画、カラーデザインの仕事なども手がける。
色彩の中でもとくに日本の伝統色に関心が高く、着物や歌舞伎、浮世絵などの日本文化を色彩を通して研究。平安の色に関しては、染織家・吉岡幸雄、装束研究家で作家・近藤富枝、『源氏物語』研究家・潮崎晴などに師事。『源氏物語』から江戸の流行色まで、色彩心理の視点も交え、その魅力を伝えている。
末永との共著に『色彩学校へようこそ』(晶文社)、『色彩記憶──色をめぐる心の旅』(PHP研究所)、『色から読みとく絵画──画家たちのアートセラピー』(亜紀書房)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。