版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
なりすまし スザンナ・キャハラン(著/文) - 亜紀書房
.
詳細画像 0
亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズⅢ 16

なりすまし 正気と狂気を揺るがす、精神病院潜入実験 完結

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:亜紀書房
四六判
466ページ
並製
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-7505-1687-5   COPY
ISBN 13
9784750516875   COPY
ISBN 10h
4-7505-1687-2   COPY
ISBN 10
4750516872   COPY
出版者記号
7505   COPY
 
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
発売予定日
登録日
2020年12月3日
最終更新日
2021年4月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「病院に入りたいなら、頭がおかしいふりをしなくちゃ」

脳炎を精神病と誤診された過去を持つジャーナリストは、かつて全米医学会を大きく揺るがした心理学実験――精神病患者になりすまして病棟に潜入する「ローゼンハン実験」の調査・取材を開始する。やがて、実験に隠されたある奇妙な点に気が付く。次第に明らかになる衝撃の真実とは...!?

「これは患者5213号の初入院の模様である。名前はデヴィッド・ルーリー。39歳のコピーライターで、子どもが2人いる。頭の中で声が聞こえるという。しかしそこには問題があった。彼はコピーライターでもないし、ルーリーという名字でもない。じつはそんな人物は存在しないのだ。実在しない『デヴィッド・ルーリー』は偽患者だった。約50年前、医師が精神病患者とそうでない人を区別できるのかどうか確かめるために、精神科施設にみずから入院した8人の健常者のうちの最初の1人なのである」(本書より)

「調査報道の偉業。探偵小説のような説得力」(「エコノミスト」誌)

目次

■ はじめに

第1部
 第1章 鏡像
 第2章 ネリー・ブライ
 第3章 狂気の存在する場所
 第4章 狂気の場所で正気でいること
 第5章 謎が謎に包まれている謎の男

第2部
 第6章 デヴィッドの本質
 第7章 「ゆっくり進め、場合によっては足踏みのままでもいい」
 第8章 「わたしなら、正体を隠しとおせるかもしれない」
 第9章 入院許可
 第10章 マッドハウスで過ごした九日間

第3部
 第11章 潜入する
 第12章 ……結局、人が正気かどうかわかるのは正気でない人だけだ
 第13章 W・アンダーウッド
 第14章 クレイジーエイト
 第15章 第一一病棟
 第16章 氷の上の魂
 第17章 ローズマリー・ケネディ

第4部
 第18章 真実の追求者 
 第19章 「ほかの疑問はすべてここから生まれる」
 第20章 標準化
 第21章 SCID

第5部
 第22章 脚注
 第23章 「すべては君の頭の中に」
 第24章 影の精神衛生ケアシステム
 第25章 決定打
 第26章 疫病
 第27章 木星の月

■ エピローグ

■ 謝辞
■ 訳者あとがき
■ 原注
■ 図版・資料許諾

著者プロフィール

スザンナ・キャハラン  (スザンナ キャハラン)  (著/文

1985年生。ジャーナリスト。ワシントン大学を卒業後、『ニューヨーク・ポスト』社に勤務。報道記者として活躍するが、ある日突然、自己免疫性脳炎という難病を罹患。その闘病記がすぐれたジャーナリストに贈られるシルリアン優秀賞を受賞。その後、治療に奔走した日々について記した著書『脳に棲む魔物』(KADOKAWA)がベストセラーとなり、『彼女が目覚めるその日まで』として映画化される。

宮﨑 真紀  (ミヤザキ マキ)  (翻訳

スペイン語文学・英米文学翻訳家。東京外国語大学外国語学部スペイン語学科卒業。おもな訳書に、ガブリ・ローデナス『おばあちゃん、青い自転車で世界に出逢う』(小学館)、ビクトル・デル・アルボル『終焉の日』(東京創元社)、メアリー・ビアード『舌を抜かれる女たち』(晶文社)、マイケル・ポーラン『幻覚剤は役に立つのか』(亜紀書房)など。

上記内容は本書刊行時のものです。