版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
私のイラストレーション史 南 伸坊(著/文) - 亜紀書房
.

私のイラストレーション史

発行:亜紀書房
四六判
並製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-7505-1578-6
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2019年3月28日
最終更新日
2019年6月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-08-04 毎日新聞  朝刊
評者: 養老孟司(解剖学者)
2019-07-07 毎日新聞  朝刊
2019-07-06 日本経済新聞  朝刊

紹介

あの頃、“イラストレーション"という言葉には、魔法がかかっていた。

和田誠、赤瀬川原平、木村恒久、横尾忠則、水木しげる、つげ義春、長新太、湯村輝彦、安西水丸……

学生時代から「ガロ」編集長時代までを駆け抜ける、自伝エッセイ。

モノクロ&カラーイラストを100枚以上収録。

〈もう少し経つと「イラストレーション」と日本語で言う人は、テレビのことを「テレビジョン」と言う人みたいになってしまうだろうが、1960~80年くらいまで、イラストレーションというコトバは輝いていた。輝かせていたのは、雑誌『話の特集』に寄稿した、つまりアートディレクター和田誠に声をかけられたデザイナーや絵本作家、漫画家の人々だった。しかし当時イラストレーターという職業はまだなかったのだ。〉(本書より)

上記内容は本書刊行時のものです。