版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「つながり格差」が学力格差を生む 志水 宏吉(著) - 亜紀書房
.

「つながり格差」が学力格差を生む

発行:亜紀書房
四六判
242ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-7505-1405-5
Cコード
C0037
一般 単行本 教育
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2014年4月
書店発売日
登録日
2014年3月10日
最終更新日
2014年4月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

6刷 出来予定日: 2015-07-23
5刷 出来予定日: 2015-01-22
4刷 出来予定日: 2014-10-01
全国学力テストで東京都・大阪府のような都会ではなく、秋田県・福井県・富山県等の地方が上位にくるのはなぜなのか?
今年も8月下旬に全国学力テストの結果が発表となります。
2014年刊のロングセラーです。

紹介

子どもの学力は人間関係の「つながり」で決まる

離婚率の低さ――家庭・家族と子どもとのつながり
持ち家率の高さ――地域・近隣社会との子どもとのつながり
不登校率の低さ――学校・教師と子どもとのつながり

貧富の格差が、学力格差を生むのではない。家庭、地域、学校での、子どもたちと周囲との「つながり」格差が学力に強く影響する。人間関係のありようが相対的にゆるやかな「いなか」では子どもたちの学力形成にポジティブに作用する。「つながり」という画期的な視点から、これからの日本の教育の進路に欠かせない論点を提示する。

目次

序章「つながり格差」の発見
1章 学力格差とはなにか
2章 なぜ学力格差が生じるのか
3章「つながり格差」の主張――社会関係資本と学力
4章 学校の力を探る――「効果のある学校」論
5章 学力格差克服のための政策的努力

著者プロフィール

志水 宏吉  (シミズ コウキチ)  (

1959年兵庫県生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程修了(教育学博士)。東京大学教育学部助教授を経て、現在、大阪大学大学院人間科学研究科教授。専攻は、学校臨床学、教育社会学。著書に『学校文化の比較社会学』(東京大学出版)『検証――大阪の教育改革』(岩波ブックレット)『学力を育てる』(岩波新書)『公立学校の底力』(ちくま新書)など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。