版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
アジアの辺境に学ぶ幸福の質 瀬川 正仁(著) - 亜紀書房
.

アジアの辺境に学ぶ幸福の質

発行:亜紀書房
四六判
256ページ
並製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-7505-1209-9
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2012年5月23日
最終更新日
2012年6月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

アジアの辺境の村々は、電気もなく、道もなく、病院もない。日本人の尺度から見れば、貧しく、不便な生活を強いられているはずの彼らが、むしろ私たちより幸福に見える。
なぜ幸せそうに生きることがきるのか。
一日をゆったり過ごす。お金がなくても気にしない。老後なんて、もっと気にしない。いつかのために働いたり努力をしたりするのではなく、「いま」を生きる。
近代の見直しや、日本社会の転換が叫ばれるなか、辺境アジアの国から学べることは多い。幸せの尺度を変えれば、ゆるーい未来が見えてくる。欧米とはまったく違った価値観、世界観で動いているアジアの国々の文化の枠組みから考える、日本人のための幸福論。

前書きなど

「日本に着いたばかりのころ、私たちは着るものやお金に困っていました。でも、本当に欲しいものは物やお金ではないんです。私たちと一緒に笑ったり泣いたりしてくれる、日本の友人なんです」――ベトナムから来た難民の男性より

版元から一言

人はお金がなくても生きていける。
いくらお金を稼いでも、埋められない不安と息苦しさ。そろそろヤメにしませんか。大幅な経済成長が望めない日本にとって、手本となるのは欧米諸国ではなく、むしろ熱帯アジアの国々。時間や規則に縛られすぎない。老後の心配もしない……。ゆるーい未来を探しましょう。

著者プロフィール

瀬川 正仁  (セガワ マサヒト)  (

ノンフィクションライター・映像ジャーナリスト。1978年早稲田大学卒。80年代より映像作家として、アジア文化、マイノリティ、教育問題などを中心にドキュメンタリーや報道番組を手がける。
著書に『ヌサトゥンガラ島々紀行』『ビルマとミャンマーのあいだ』(凱風社)、『老いて男はアジアをめざす』『若者たち―夜間定時制高校から視えるニッポン』『六〇歳から始める小さな仕事』(バジリコ)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。