版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
現代アジアをつかむ 佐藤 史郎(編) - 明石書店
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784750353210

現代アジアをつかむ (ゲンダイアジアヲツカム) 社会・経済・政治・文化 35のイシュー (シャカイケイザイセイジブンカサンジュウゴノイシュー)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:明石書店
A5判
512ページ
並製
価格 2,700円+税
ISBN
978-4-7503-5321-0   COPY
ISBN 13
9784750353210   COPY
ISBN 10h
4-7503-5321-3   COPY
ISBN 10
4750353213   COPY
出版者記号
7503   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年3月31日
書店発売日
登録日
2022年2月2日
最終更新日
2022年5月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

この一冊で鷲(わし)づかみ。気になる章からつまみ読み。社会・経済・政治・文化の最新論点がわかる格好の入門書。熱量があふれ多様性に満ちた広大なアジアを丸ごとカバーした、魅力満載の35章512ページ。アジアのいまをのぞき見て、よく考えるために。

目次

 まえがき

序章 現代アジア世界への扉を開く[佐藤史郎・石坂晋哉]

第Ⅰ部 社会

第1章 [人口・家族]アジアにおける人口問題と身体をめぐる政治[松尾瑞穂]
第2章 [シングルマザー・寡婦]アジアにおける夫をもたない女性の貧困[佐藤奈穗]
第3章 [ジェンダー]ジェンダーをめぐる暴力と解決への取り組み[菅野美佐子]
第4章 [ケア]アジアにおける高齢者ケアとその変化[岩佐光広]
第5章 [教育]期待と失望のはざまで生きるアジアの若者[茶谷智之]
第6章 [移民]アジアにおける国際労働移動の展開と現状[細田尚美]
第7章 [難民]国民国家の暴力が生み出した地位を生きる人々[山本達也]
第8章 [人身売買]アジアの豊かさと貧しさが引き寄せる人身売買[中村文子]
第9章 [先住民族]大規模開発への抵抗と持続可能な権利基盤の発展[木村真希子]
第10章 [社会運動]アジアの社会運動の多様性と共時性[石坂晋哉]
第11章 [カースト]インド社会の文脈を越えて[舟橋健太]

第Ⅱ部 経済

第12章 [経済成長]アジアの経済成長プロセスとその行方[井出文紀]
第13章 [一帯一路構想]中国の「一帯一路」構想をめぐる現状と課題[土屋貴裕]
第14章 [開発・貧困]「開発」の進展と課題[和田一哉]
第15章 [資源・エネルギー]アジア経済の中の天然資源とエネルギー[出町一恵]
第16章 [農業・食料]モンスーンアジアの食と農の変容[佐藤孝宏]
第17章 [環境・公害]グローバル化するアジア環境問題[知足章宏]
第18章 [都市化]アジア都市の発展メカニズムと都市問題[宇根義己]
第19章 [観光]日本とアジアにおける国際観光の現状と課題[北邦弘]

第Ⅲ部 政治

第20章 [民主化・民主主義]アジアにおける民主化と民主主義の後退[山根健至]
第21章 [香港・台湾]緊張する中国との関係[福田円]
第22章 [軍事化]南シナ海にみる大国の角逐[松村博行]
第23章 [核兵器・原発]アジアにおける原子力技術の軍事利用と平和利用の遠景[佐藤史郎]
第24章 [平和構築]アジアの紛争と平和への取り組み[クロス京子]
第25章 [ASEAN]ASEANウェイとその懐疑論[井原伸浩]
第26章 [汚職・贈賄]アジアにおける汚職と汚職取締をめぐる政治[外山文子]
第27章 [感染症]地域内保健協力[詫摩佳代]
第28章 [災害・防災]災害に柔軟に対応するアジアへ[上野友也]

第Ⅳ部 文化

第29章 [仏教]アジアの仏教と日本の仏教[小林知]
第30章 [ヒンドゥー教]1年間の祭事からみるヒンドゥー教徒の信仰と実践[虫賀幹華]
第31章 [キリスト教]アジアにおけるキリスト教の現地化とグローバル化[宮脇聡史]
第32章 [イスラーム]アジアのイスラームの日常風景と課題を知る[渡邉暁子]
第33章 [世界遺産]アジアにおける世界遺産の特質[笠井敏光]
第34章 [ポップカルチャー]アジアにおける文化的コンテンツの再編[小西公大]
第35章 [路上文化]躍動するアジア社会の源泉[岩谷彩子]

 あとがき
 執筆者紹介

前書きなど

まえがき

 現代アジアは躍動性と多様性で彩られている。アジア経済はいま,新型コロナウイルスの感染拡大により,深刻な影響を受けている。その回復の見込みを立てることは容易ではない。とはいえ,アジア経済が世界経済を牽引するという趨勢に変わりはない。現代アジアは依然として躍動感に溢れており,その鼓動は世界で鳴り響いたままである。
 また,現代アジアはその広大さゆえに,気候,生態,言語,宗教,文化なども大きく異なる。たとえば,言語についていえば,現代のアジアでは約2,300もの言語が使用されている。現代アジアは多様性に満ちているのだ。この多様性が多くの人たちをアジアに惹きつける。
 しかし,その躍動性と多様性ゆえに,そしてそれらの特徴が絡み合う複雑性ゆえに,現代アジアを理解することはときに難しいのではないだろうか。たとえば,民主化を求める香港・タイ・ミャンマーの抗議デモは,アジアの民主主義という点で,どのように捉えることができるのだろうか。また,それは国際社会に対して,どのような影響を与えるのだろうか。
 現代アジアについては,1つの国ないし地域に絞った書籍が多い。もちろん,アジア全域を対象とした本もある。けれども,その多くは1つのテーマやイシューに限定されがちである。現代アジアの社会・経済・政治・文化に関するテーマやイシューを網羅的に取り扱った学術書は,叢書として編まれたいくつかの書籍を除いて,ほぼ皆無といってよい。そこで本書は,現代アジアが直面する社会・経済・政治・文化をめぐる問題について,①どのような問題があるのか,②なぜそれが問題なのか,③その問題を考えるためにはどのような専門知識が必要なのか,④その問題に対してどのような見解や立場があるのか,⑤その問題を解決するための方向性とは何か,などを考える。これらを通じて,現代アジアに関する知識と見解を読者に提供していきたい。
 本書の読者対象は,学生・研究者・社会人・一般の方々といったように,幅広く設定している。ただし,少し細かくいえば,学生は留学・語学研修・海外研修・インターンシップなどで東アジア・東南アジア・南アジアに行く人たちを主にイメージしている。また,社会人については出張・駐在で,一般の方々については観光で,東・東南・南アジアに赴く人たちを強く意識している。

 (…後略…)

著者プロフィール

佐藤 史郎  (サトウ シロウ)  (

東京農業大学生物産業学部准教授。立命館大学大学院国際関係研究科博士後期課程修了。博士(国際関係学)。専門は国際関係論,安全保障論。主な業績に『安全保障の位相角』(共編著,法律文化社,2018年),『時政学への挑戦』(共著,ミネルヴァ書房,2021年)など。

石坂 晋哉  (イシザカ シンヤ)  (

愛媛大学法文学部准教授。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程修了。博士(地域研究)。専門は南アジア地域研究,社会学。主な業績に『現代インドの環境思想と環境運動』(単著,昭和堂,2011年),『ようこそ南アジア世界へ』(共編著,昭和堂,2020年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。