版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
女性の世界地図 ジョニー・シーガー(著) - 明石書店
.

女性の世界地図 女たちの経験・現在地・これから
原書: The Women’s Atlas

発行:明石書店
B5変型判
216ページ
並製
価格 3,200円+税
ISBN
978-4-7503-5084-4
Cコード
C0033
一般 単行本 経済・財政・統計
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年10月25日
書店発売日
登録日
2020年9月23日
最終更新日
2020年11月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

世界の女性はどこでどのように活躍し、抑圧され、差別され、生活しているのか。グローバル化、インターネットの発達等の現代的テーマも盛り込み、ますます洗練されたカラフルな地図とインフォグラフィックによって視覚的にあぶり出す。好評既刊『地図でみる世界の女性』の改訂版。オールカラー。

目次

 はじめに

世界の女性たち
 差別の終結(CEDAW)
 差別を測る
 ジェンダー・ギャップ
 平均寿命
 レズビアンの権利
 二分論を超えて
 結婚と離婚
 児童婚
 世帯
 難民
 危険地帯
 平和をもたらす女性たち
 #フェミニズム

女は女の場所に置いておく
 さまざまな箱の王国
 合法的な束縛
 「名誉」殺人
 DV
 レイプ犯と結婚させる法律
 レイプ
 殺害される女性
 持参金殺人
 原理主義者が女性に襲いかかる

出産にまつわる権利
 出産
 避妊
 妊産婦死亡率
 中絶
 男児選好

身体のポリティクス
 スポーツ
 美
 美容整形
 女性器切除
 セックス・ツーリズム
 買売春
 人身売買
 ポルノグラフィー

健康・衛生
 乳がん
 HIV
 結核
 マラリア
 飲料水
 トイレに関する活動
 公害惑星

仕事
 有償・無償の仕事
 分断された労働力
 世界の組立工場
 収入の格差
 失業
 児童労働
 水のために歩く
 農業と漁業
 仕事のための移民

教育とつながり
 就学年数
 学歴が積めない
 学位への前進
 識字率
 コンピューター
 インターネットとソーシャルメディア
 オンラインハラスメント
 世界がつながっているという神話

財産と貧困
 土地の所有
 住宅の所有
 毎日の貧困
 極限の貧困
 富と資産の格差
 頂点の男性
 銀行口座が持てない

権力
 女性の選挙権
 政治における女性
 軍隊
 国連
 いろんなフェミニズム

 出典
 索引

前書きなど

訳者あとがき

 ジョニー・シーガーが、それこそ世界初のジェンダー・アトラスである“THE ATLAS OF WOMEN IN THE WORLD”を世に出したのは、1986年のことである。タイトルは少しずつ変わったが、彼女はジェンダー・アトラスを定期的にアップデートしつづけてきた。『女性の世界地図』は事実上、その最新版である。版を重ねた今でも、本書を革新的な本として歓迎する言葉が多く寄せられるのは、初版から30年以上の月日が流れても、ジェンダー格差が決して歓迎できない状況のままであることの表れである。

 地図に表すことは強力な武器となります。地図に表すと「何が」起きているかだけでなく、「どこで」起きているか見えてきます。地図は、統計表や文章でははっきりしない空間的なパターンを一目瞭然にしてくれます。地図は、男女間の生活や異なる地域間での女性同士の差異と類似性を表現するのにきわめて強力なツールとなります。

 これは、私も作成に携わった『地図でみる日本の女性』(明石書店、2007年)に対して、ジョニーが寄せてくれた言葉の冒頭部分であるこの言葉は、そっくりそのまま『女性の世界地図』の強みを言い当てている。本書は、たくさんの統計データを使って作られている。データ自体は豊かな情報を含んでいるが、統計表の数字の羅列から意味のあるパターンを瞬時に認識できるほど、人間の脳は優れていない。文章や言葉で「女性は差別されている!」と訴えても、読む人や聞く人によっては、一向に心に響かないであろう。しかし、本書のように、信頼のおけるデータを選び、それをグラフや地図で「見える化」すると、ジェンダーの格差が「いうまでもなく」存在することが「一目瞭然」になるのである。本書は、性差別という不正義に立ち向かうフェミニストたちにとって、強力な知的武器になるであろう。

 (…後略…)

著者プロフィール

ジョニー・シーガー  (ジョニー シーガー)  (

原著刊行当時、米国ベントレー大学(グローバル・スタディーズ)教授。専門はフェミニズム地理学、グローバル政策。フェミニズムの視点による環境政策分析、女性の国際的地位、およびグローバル政治経済の研究で国際的に高い評価を得ている。国連のジェンダー・環境政策やジェンダー統計に関するコンサルタントとしても活躍中。
本書の旧版『地図でみる世界の女性』(明石書店、2005年)など、著書多数。

中澤 高志  (ナカザワ タカシ)  (

明治大学経営学部教授。専門は経済地理学、都市社会地理学。
主要業績に、『住まいと仕事の地理学』(旬報社、2019年)、『労働の経済地理学』(日本経済評論社、2014年)、『職業キャリアの空間的軌跡――研究開発技術者と情報技術者のライフコース』(大学教育出版、2008年)など。

大城 直樹  (オオシロ ナオキ)  (

明治大学文学部教授。専門は文化地理学、地理思想史。
主要業績に、『人文地理学』(竹中克行・梶田真・山村亜希と共編著、ミネルヴァ書房、2009年)、『モダン都市の系譜――地図から読み解く社会と空間』(水内俊雄・加藤政洋と共著、ナカニシヤ出版、2008年)、『空間から場所へ――地理学的想像力の探求』(荒山正彦と共編著、古今書院、1998年)など。

荒又 美陽  (アラマタ ミヨウ)  (

明治大学文学部教授。専門は人文地理学。
主要業績に、「グローバル・シティのオリンピック――脱工業化、リスケーリング、ジェントリフィケーション」(『経済地理学年報』66-1、2020年)、『パリ神話と都市景観――マレ保全地区における浄化と排除の論理』(明石書店、2011年)、『移民の社会的統合と排除――問われるフランス的平等』(共著、東京大学出版会、2009年)など。

中川 秀一  (ナカガワ シュウイチ)  (

明治大学商学部教授。専門は経済地理学、農村地理学。
主要業績に、『内発的農村発展論――理論と実践』(共著、農林統計出版、2018年)、マイケル・ウッズ『ルーラル――農村とは何か』(共訳、農林統計出版、2018年)など。

三浦 尚子  (ミウラ ナオコ)  (

立教大学非常勤講師。専門は社会地理学、精神保健福祉。
主要業績に、『地図でみる日本の健康・医療・福祉』(共著、明石書店、2017年)、「精神障害者の地域ケアにおける通過型グループホームの役割――「ケア空間」の形成に着目して」(『人文地理』68、2016年)、「障害者自立支援法への抵抗戦略――東京都U区の精神障害者旧共同作業所を事例として」(『地理学評論』86、2013年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。