版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ウェールズを知るための60章 吉賀 憲夫(編著) - 明石書店
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784750348650

ウェールズを知るための60章

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:明石書店
四六判
320ページ
並製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-7503-4865-0   COPY
ISBN 13
9784750348650   COPY
ISBN 10h
4-7503-4865-1   COPY
ISBN 10
4750348651   COPY
出版者記号
7503   COPY
Cコード
C0336  
0:一般 3:全集・双書 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年7月31日
書店発売日
登録日
2019年7月29日
最終更新日
2019年8月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

英国を構成する4つの「国」の1つウェールズ。最も早くイングランドに併合されたが独自性を保ち続け、英語と全く異なるウェールズ語を話せる若者も少なくない。アーサー王伝説のルーツを持ち、海苔を食すなど日本との意外な共通点もあるウェールズを生き生きと紹介する。

目次

 まえがき
 地図


Ⅰ ウェールズの風景

第1章 ウェールズ概観――海から山まで自然美にあふれる国土
第2章 カーディフ――石炭の富が作ったウェールズの首都
第3章 北ウェールズの巨城群――征服されたウェールズの象徴
第4章 忠犬・殉教者・魔術師の町――ベスゲレット、ホリウェル、カーマーゼン
第5章 観光リゾート地――水彩画家を魅了した村や『不思議の国のアリス』が誕生した町
第6章 ウェールズの祈りの場所――大聖堂から素朴なチャペルまで
第7章 マーサー・ティドヴィル――ウェールズに突然出現した製鉄業の巨大な村
第8章 ペンブルックシャー――ウェールズのリトル・イングランド
 【コラム1】フィッシュガード――フランス革命軍の上陸した小さな漁村


Ⅱ 歴史

第9章 先史時代のウェールズ――様々な古代の遺跡と遺物
第10章 カーリアン――南ウェールズ支配のためのローマ軍団根拠地
第11章 サクソン人との戦い――アーサー王伝説の原点
第12章 オファの防塁――ウェールズ・イングランド国境
第13章 「ウェールズ法」――人々の法からナショナル・シンボルへ
第14章 ジェラルド・オブ・ウェールズ――イングランドとの仲介者
第15章 征服されたウェールズ――イングランド人のプリンス・オブ・ウェールズの誕生
第16章 オワイン・グリンドゥールの反乱――ウェールズの独立を目指した愛国者の蜂起
第17章 ウェールズにおける新しい信仰の波――非国教会の隆盛
第18章 巡回学校――ウェールズ民衆教育の原点
第19章 暴動と労働争議――産業化するウェールズ
第20章 民族主義の高まり――カムリ・ヴィーズ運動からプライド・カムリの活動へ
第21章 自治権回復への道――ウェールズ省からウェールズ国民議会政府へ
 【コラム2】ウェールズ人の海外移住


Ⅲ ウェールズ語保存の歴史

第22章 ウェールズ語――英語とはまったく異なる言語
第23章 ウェールズ連合法――公用語になれなかったウェールズ語
第24章 ウェールズ語聖書――宗教と教育の言葉として生き残ったウェールズ語
第25章 ウェールズ教育青書の衝撃――英語習得の促進と教室でのウェールズ語禁止
第26章 ウェールズ語の教育・研究拠点――ウェールズ国立図書館と大学の設置
第27章 ウェールズ語の話者率――言語の将来への不安
第28章 ウェールズ語の法的復権――言語法の成立
 【コラム3】ウェールズ人の父称と姓


Ⅳ 産業と交通

第29章 北ウェールズの鉱業――銅鉱石採掘とスレート採石
第30章 最高品質のスチーム炭と無煙炭――南ウェールズ石炭産業の繁栄
第31章 産業革命を支えたウェールズの製鉄業――マーサー・ティドヴィルの製鉄王たち
第32章 産業の爪痕――スウォンジーの銅産業公害とアベルヴァンの悲劇
第33章 運河・鉄道――ウェールズの物流システム
第34章 ウェールズの交通を支えた美しい橋――石造のアーチ橋や最新の吊橋
第35章 第2次大戦後のウェールズ――石炭産業の没落と海外企業の誘致
第36章 カーディフ港の盛衰と再開発――石炭積み出し港から高級リゾート地へ
 【コラム4】蒸気機関車の発明者トレヴィシックと日本


Ⅴ 祭典と伝統

第37章 中世のアイステズヴォッド――吟唱詩人たちの就職試験?
第38章 アバガヴェニ・アイステズヴォッド――ヨーロッパ文化の源流を求めて
第39章 現代のアイステズヴォッド――新しいウェールズの総合文化祭典
第40章 セント・デイヴィッズ・デイ――いちばん大切なウェールズの祝日
第41章 ウェールズの守護聖人の祭り――宗教色を取り除いた民衆文化としての祝祭
第42章 ウェールズ旗――レッド・ドラゴンの伝統
第43章 ウェールズ女性の山高帽とガウン――民族衣裳か創作か
第44章 ブリテン島のバルドのゴルセッズ――現代に蘇った古代のドルイド
 【コラム5】今に続く奇習――マリ・ルイド


Ⅵ 絵画・スポーツ・音楽・生活

第45章 ピクチャレスクなウェールズを描いた画家たち――リチャード・ウィルソンとその周辺
第46章 オーガスタス・ジョンとグウェン・ジョン――20世紀のウェールズを代表する姉弟画家
第47章 ウェールズ国立美術館――ウェールズ人美術愛好家による愛蔵品の寄贈
第48章 ラグビー――ウェールズの第2の宗教
第49章 谷間や採石場に響く歌声――ウェールズ人と合唱の伝統
第50章 ウェールズの食――カウル、ラーヴァーブレッド、ウェルシュラビット、バラブリスなど
第51章 ウェールズ人会――結束するロンドンや各地のウェールズ人
第52章 映画に見るウェールズらしさ――『わが谷は緑なりき』と『ウェールズの山』を中心に
 【コラム6】ウェールズの著名な歌手と映画スター


Ⅶ 伝説・文学・地誌・学術

第53章 水没伝説――海底に沈む町、湖底に沈む村
第54章 マビノギオン――ウェールズの幻想的な中世物語集
第55章 2つの言語による文学――ウェールズにおけるウェールズ語文学と英語文学の伝統
第56章 トゥム・オール・ナントのインタールード――ウェールズにおける道徳劇の伝統
第57章 ウィリアム・ウィリアムズとアン・グリフィス――ウェールズの卓越した讃美歌作者たち
第58章 ディラン・トマスとR・S・トマス――20世紀のウェールズを代表する英語詩人
第59章 3つのウェールズ旅行記――聖職者、動物学者、小説家の見たウェールズ
第60章 ケルト学に寄与したウェールズ人――オックスフォードの「リトル・ウェールズ」
 【コラム7】マドック伝説――ウェールズ人によるアメリカ大陸発見説の顛末


 ウェールズをもっと知るためのブックガイド

 執筆者紹介
 編著者紹介

前書きなど

まえがき

 1997年、地方分権に関する住民投票の結果を受け、イギリス政府はスコットランド、ウェールズ、北アイルランドに権限を一部委譲することになった。これにより、これらの「地域」に新たにその「地域」の名を冠した議会と政府が誕生した。このことは、イギリスが歴史的、文化的に背景の違う4つの「国」から成り立っていることを、またイギリスが「連合王国」と呼ばれる所以を我々に再認識させたのであった。権限委譲への要求はさらに高まり、スコットランドでは、イギリスから独立するかどうかの賛否を問う住民投票が2014年に行われた。その結果、僅差でイギリス残留が決まったものの、これは改めて現在の「連合王国」の枠組みと、それぞれの「国々」に強まるナショナリズムを我々に痛感させたのであった。そして今、イギリス自体がEUから離脱しようとしている。
 近年、イギリスがこのように話題になったことは、2012年のロンドンオリンピックを除いて、なかったであろう。そして今、我々のイギリスへの関心のひとつは、スコットランドの住民投票に見られるように、イギリスが「連合王国」であるという古くて新しい問題に向かいつつあるように思える。本書はイギリスを形成する「国々」のひとつであるウェールズを総合的に紹介する解説書として、またより深くウェールズを知りたい人のための案内書として企画された。

 (…後略…)

著者プロフィール

吉賀 憲夫  (ヨシガ ノリオ)  (編著

愛知工業大学名誉教授。
専門はウェールズ地域研究、イギリスロマン派研究。
著書・訳書:『ケルト文化事典』(共著、東京堂出版、2017年)、『ディラン・トマス――海のように歌ったウェールズの詩人』(共著、彩流社、2015年)、『イギリス文化事典』(共著、丸善出版、2014年)、『旅行家トマス・ペナント――スコットランド旅行記』(晃学出版、2012年)、『21世紀イギリス文化を知る事典』(共著、東京書籍、2009年)、『ウェールズ史の女性たち』(晃学出版、2007年)、『旅人のウェールズ――旅行記でたどる歴史と文化と人』(晃学出版、2004年)、A・H・ドッド『ウェールズの歴史』(訳書、京都修学社、2000年)、『イギリスロマン派の世界』(共著、成美堂、1982年)など。

追記

【執筆者一覧】

岩瀬ひさみ(いわせ・ひさみ)
日本ケルト学会会員、日本昔話学会会員。
アバディーン大学修士課程卒(MLitt: Celtic Studies)。
専門はスコットランドの民話、他地域の民話との比較研究。
著書・訳書:『ケルト文化事典』(共著、東京堂出版、2017年)、『世界の猫の民話』(共訳、三弥井書店、2010年)、『世界の水の民話』(共訳、三弥井書店、2018年)。

太田直也(おおた・なおや)
鳴門教育大学大学院教授。
立正大学大学院文学研究科英文学専攻博士後期課程満期退学。
専門はイギリス文学、比較文化・文学
著書・訳書:『イギリス文化事典』(共著、丸善出版、2014年)、『ディラン・トマス――海のように歌ったウェールズの詩人』(共著、彩流社、2015年)。訳書:E・ハラム『十字軍大全』(共訳、東洋書林、2006年)、『ディラン・トマス書簡集』(共訳、東洋書林、2010年)。

太田美智子(おおた・みちこ)
武蔵野美術大学講師。
専門は18世紀イギリス文学。
著書・訳書:『イギリス文化事典』(共著、丸善出版、2014年)、『十字軍大全』(共訳、東洋書林、2006年)。

梶本元信(かじもと・もとのぶ)
帝塚山大学名誉教授。
関西大学大学院経済学研究科博士課程満期退学、経済学博士。社会経済史学会、経営史学会、鉄道史学会、日本カムリ学会会員、現在帝塚山大学非常勤講師として勤務中。
専門は西洋経済史。
著書・訳書:『南ウェールズ交通史研究』(日本経済評論社、2000年);『北ウェールズ交通史論』(日本経済評論社、2010年)。翻訳書にP.S.バグウェル、P.ライス『イギリスの交通』(大学教育出版、2004年)、S.ヴィル(著)、梶本元信・野上秀雄(共訳)『ヨーロッパ交通史』(文沢社、2012年)、R.P. マーフィー(著)、M.J. シェフナー・富田新・山口修・梶本元信(共訳)『学校で教えない大恐慌・ニューディール』(大学教育出版、2015年)など。

小池剛史(こいけ・たけし)
大東文化大学文学部英米文学科准教授。日本カムリ学会代表幹事。
桜美林大学文学部英語英米文学科卒業。獨協大学大学院外国語学研究科博士後期課程満期修了退学。2004年エジンバラ大学哲学・心理学・言語科学学部英語学科博士課程修了。
専門は、ウェールズ語学、英語学、英語史(古英語)。
著書・訳書:『ウェールズ語の基本』(共著:永田喜文・小池剛史、三修社、2011年)、『ウェールズ語の歴史』(原著者ジャネット・デイヴィス、春風社、2018年)。

永井一郎(ながい・いちろう)
専門はウェールズ中世史、特に「ウェールズ法」、ギラルドゥス・カンブレンシス。
著書:青山吉信(編)『イギリス史1 先史~中世』〈世界歴史大系〉(ウェールズ関係の章・節、山川出版社、1991年)、『岩波講座世界歴史7 ヨーロッパの誕生:4-10世紀』(第2論文、岩波書店、1998年)、初期王権研究委員会(編)『古代王権の誕生4(ヨーロッパ編)』(第3部第4章、角川書店、2003年)。

久木尚志(ひさき・ひさし)
北九州市立大学外国語学部教授。
専門はイギリス近現代史、ウェールズ労働史。労働問題を中心に、19~20世紀のイギリス、特にウェールズについて研究している。
著書:『ウェールズ労働史研究――ペンリン争議における階級・共同体・エスニシティ』(彩流社、2006年)、『イギリス文化史』(共著、昭和堂、2010年)、『「街頭の政治」を読む』(共著、法律文化社、2018年)など。

平田雅博(ひらた・まさひろ)
青山学院大学文学部史学科教授
専門はブリテン近現代史。
著書・訳書:『イギリス帝国と世界システム』(2000年)、『内なる帝国・内なる他者――在英黒人の歴史』(2004年)、『ウェールズの教育・言語・歴史――哀れな民、したたかな民』(以上晃洋書房、2016年)、『英語の帝国─ある島国の言語の1500年史』(講談社選書メチエ、2016年)、『帝国・国民・言語――辺境という視点から』(共編著、三元社、2017年)、フィリプソン『言語帝国主義――英語支配と英語教育』(共訳、三元社、2013年)、アーミテイジ『思想のグローバル・ヒストリー』(共訳、法政大学出版局、2015年)、ベイリ『近代世界の誕生――グローバルな連関と比較1780-1914』上下巻(共訳、名古屋大学出版会、2018年)ほか。

廣野史子(ひろの・ちかこ)
関西ウェールズ協会代表、ライター。
1990年から91年まで、ウェールズの首都カーディフの郊外にあるセント・ニコラス小学校で、日本文化や日本の現状を紹介する活動に従事。学校生活と一般家庭でのホームステイでウェールズの一般的な暮らしを体験する。帰国後、ウェールズと日本の交流を目的とする非営利の友好団体である関西ウェールズ協会の設立(2000年)に参加。関西ウェールズ協会は活動目的のひとつに日本でのウェールズ紹介を挙げており、2007年以降、「ウェールズ文化祭」を年に1度開催。代表として、企画、準備、実施のすべてに関わっている。ライターとしては、様々な広告制作のほか、ウェールズに限らず英国関連雑誌で記事を執筆。『イギリス文化辞典』(丸善出版)の執筆者のひとり。また自身のウェブサイト『ガイドブックに載ってない英国ウェールズ案内』https://walesbanzai.jimdo.com/ でウェールズ情報を発信している。

松山明子(まつやま・あきこ)
鶴見大学文学部英語英米文学科教授。
英国ウェールズ大学(カーディフ校)に留学中にウェールズ語学習者向けの試験Defniddio'r Gymraeg(GCSE Oレベル相当)合格。
専門はウェールズの言語政策、ウェールズ語の復興。
著書:『国のことばを残せるのか――ウェールズ語の復興』(鶴見大学比較文化研究所ブックレット第13号、神奈川新聞社、2015年)

森野聡子(もりの・さとこ)
静岡大学学術院情報学領域教授。
早稲田大学大学院文学研究科博士課程前期修了(文学修士)、1989年ウェールズ大学にて日本人として初めてケルト研究(Celtic Studies)で博士号取得。
専門はウェールズ語・ウェールズ文学。ウェールズを中心に、ケルト諸語地域における民族意識形成について研究。
著書・訳書:『ピクチャレスク・ウェールズの創造と変容――19世紀ウェールズの観光言説と詩に表象される民族的イメージの考察』(共著、青山社、2007年)、『ケルト文化事典』(項目執筆、東京堂出版、2017年)、『アーサー王物語研究 源流から現代まで』(共著、中央大学出版部、2016年)、『ディラン・トマス 海のように歌ったウェールズの詩人』(項目執筆、彩流社、2015年)、『イギリス文化事典』(項目執筆、丸善出版、2014年)、フランク・ディレイニー『ケルト――生きている神話』(翻訳、創元社、1993年)ほか。

吉賀憲夫(よしが・のりお) ※編著者紹介を参照。

上記内容は本書刊行時のものです。