版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
現代日本の葬送と墓制 鈴木 岩弓(編集) - 吉川弘文館
..

現代日本の葬送と墓制 イエ亡き時代の死者のゆくえ

発行:吉川弘文館
A5判
240ページ
定価 3,800円+税
ISBN
9784642082020
Cコード
C3039
専門 単行本 民族・風習
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年5月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

死者をとりまく状況を考えることは、生きているわたしたちの時代を問う営みである。葬儀・埋葬・造墓などは遺された者たちの役割だが、社会変動の波を受けて大きくゆらいでいる。イエと個人の関係、墓標や墓制の連続性、祖先祭祀のあり方、行政の取り組み、慰霊の方法、死生観の変容など、多様な側面から二十一世紀の死者のゆくえを展望する。

目次

はじめに…鈴木岩弓/葬送をめぐる個と群れの相克―近世から近代へ(発掘された江戸・東京の墓―家と個人をめぐって…谷川章雄/屋敷墓から見た近世・近代のイエ…朽木 量/コラム 明治民法と祖先祭祀論…問芝志保/納骨堂の成立とその集合的性格…山田慎也)/葬送をめぐる現代的状況(単身化社会・無縁化社会の進行と行政―大阪市と京都市、横須賀市の事例研究…槇村久子/誰が死者を弔い、墓を守るのか…小谷みどり/葬儀研究からみた弔いの意味づけの変化…村上興匡)/死者のゆくえ(死者を忘れない―“死者の記憶”保持のメカニズム…鈴木岩弓/イエなき時代の墓地埋葬の再構築のために―「埋葬義務」との関連で…森 謙二/コラム 遺骨収集の現場から考える…土居 浩/コラム デジタル遺品をデジタル形見に―弔いに寄り添うデジタルメディア・テクノロジー…瓜生大輔)/おわりに…森 謙二

著者プロフィール

森 謙二  (モリ ケンジ)  (編集

1947年、徳島県に生まれる。1970年、明治大学法学部卒業。現在、茨城キリスト教大学文学部教授 ※2015年1月現在 【主な編著書】『出作りの里』(新葉社、1989年)、『墓と葬送の社会史』(講談社、1993年)、『墓と葬送の現在』(東京堂出版、2000年)、『家族革命』(編著、弘文堂、2004年)

上記内容は本書刊行時のものです。