版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
夢語り・夢解きの中世 酒井 紀美(著/文) - 吉川弘文館
..
読みなおす日本史

夢語り・夢解きの中世

発行:吉川弘文館
四六判
192ページ
定価 2,200円+税
ISBN
9784642071604
Cコード
C1321
教養 全集・双書 日本歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年3月1日
書店発売日
登録日
2020年12月12日
最終更新日
2021年2月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

中世において、夢は現実であり未来だった。人びとは夢の告げを信頼して行動の指針、生きる目標とした。夢を見ることに努め、夢を語りあった。日記や物語などに登場する夢の話を読み解き、中世の心象風景を描き出す。

目次

はじめに―夢と未来と/夢を乞う(聖所での夜籠もり/夢の「民主化」/参籠通夜して夢を得る/「聖所」のすそ野/祈請・断食・穀断ち/聖なる時/傍らの人/夢見の共同世界)/夢あわせ(うれしきもの/新たなる陰陽師/夢解きの女/夢解きも、かんなぎも/龍女に夢を語る/龍女とは?/龍女と惣一/陰陽師による夢祭/金鼓を打つ/夢の行程)/夢語りの禁止(代わって夢を/主従の絆と夢/夢を取る/夢をめぐる姉妹/夢の所有者/夢語りの禁止/日本国を捨てる神/夢語らずの日)/夢語り共同体(ねえ、あのお家で何してたの?/それは正夢です/閉鎖的ではない「夢語り共同体」/まだこの花は常のこの春/神人の夢想/音を施す/霊薬を得る/後小松院の夢想/自分は誰か?)以下細目略/夢と死者/夢の記録/夢と塔/将軍の夢/おわりに―夢情報のゆくえ/補論―日本史の中の夢

著者プロフィール

酒井 紀美  (サカイ キミ)  (著/文

1947年、大阪市生まれ。1976年、大阪市立大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。元茨城大学教育学部教授。※2020年2月現在
【主要編著書】『日本中世の在地社会』(吉川弘文館、1999年)、『応仁の乱と在地社会』(同成社、2011年)、『夢の日本史』(勉誠出版、2017年)、『経覚』(人物叢書、吉川弘文館、1999年)

上記内容は本書刊行時のものです。