版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
家老の忠義 林 千寿(著/文) - 吉川弘文館
..
歴史文化ライブラリー

家老の忠義 大名細川家存続の秘訣

発行:吉川弘文館
四六判
224ページ
定価 1,700円+税
ISBN
9784642059190
Cコード
C0320
一般 全集・双書 歴史総記
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年3月1日
書店発売日
登録日
2020年12月19日
最終更新日
2021年2月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

戦国の荒波を乗り越え、肥後熊本藩主となった細川家。主君への忠義が絶対ではなかった時代、筆頭家老松井康之と息子興長の価値観は細川家の存続にいかなる影響を与えたのか。天下人とのつながり、主君の守り立て、島原・天草一揆における九州諸藩との連携などから、主家の存続を第一義とし、藩政の維持・発展のため力を尽くした家老の生き様を描く。

目次

細川家を支えた家老の忠義―プロローグ/家老への道のり(足利から細川へ/山城勝龍寺城時代の活躍/城持ち家老松井家の成立)/政権移行期の松井康之(秀吉・家康との関係/丹後討伐の回避/天下争乱に際しての行動)/御家第一主義の継承(康之の遺言/細川忠利の仁政を支えた興長/ 加藤家と細川家の命運を分けたもの/島原・天草一揆)/八代城主としての松井興長(八代隠居領問題/八代城主権力の制御/公儀奉公としての八代城守衛)/家老による藩主守り立て(幼少相続と家老/諫言する興長/興長の遺言)/細川家を永続ならしめた康之と興長の生き方―エピローグ

上記内容は本書刊行時のものです。