版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
海底に眠る蒙古襲来 池田 榮史(著/文) - 吉川弘文館
..

海底に眠る蒙古襲来 水中考古学の挑戦

発行:吉川弘文館
四六判
272ページ
定価 1,800円+税
ISBN
9784642058780
Cコード
C0320
一般 全集・双書 歴史総記
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年10月4日
最終更新日
2018年11月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-01-19 (予定) 朝日新聞  朝刊
2019-01-13 読売新聞  朝刊
評者: 本郷恵子(東京大学教授、中世史学者)

紹介

鎌倉時代の蒙古襲来時に沈んだ元寇船が発見された長崎県の鷹島海底遺跡。当時の造船技術や積荷などの解明に大きな期待が寄せられるが、水中という困難な環境でいかに調査は行われたのか。音波探査やダイバーによる発掘作業、映像撮影、実測図作成、船体保存など、試行錯誤で進められた現場の様子を紹介。水中考古学の手法と今後の可能性を探る。

目次

水中考古学とは―プロローグ/鷹島海底遺跡と調査の歩み(鷹島海底遺跡/これまでの調査の問題点)/蒙古襲来(蒙古襲来前夜/文永の役/弘安の役)/蒙古襲来の解明に取り組む―調査手法の模索(いざ、鷹島海底遺跡へ/音波探査の試み/水中考古学的調査手法の模索)/鷹島一号沈没船と大型木製?の調査(元軍船の確認へ/鷹島一号沈没船の水中発掘調査/鷹島神崎遺跡の国史跡指定とさらなる調査へ/鷹島一号沈没船の実像/大型木製碇の調査と検討)/鷹島二号沈没船の調査(鷹島二号沈没船の発見/鷹島二号沈没船の構造と遺物)/新たな研究ステージへ―エピローグ

著者プロフィール

池田 榮史  (イケダ ヨシフミ)  (著/文

1955年、熊本県生まれ。1981年、國學院大學大学院文学研究科日本史学専攻(考古学系)博士課程前期修了。現在、琉球大学国際地域創造学部教授。 ※2018年11月現在
【主要編著書】『古代中世の境界領域―キカイガシマの世界―』(編、高志書院、2008年)、『東アジアの周縁世界』(共編、同成社、2009年)、『ぶらりあるき沖縄・奄美の博物館』(共著、芙蓉書房、2014年)

上記内容は本書刊行時のものです。