版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
沖縄からの本土爆撃 林 博史(著/文) - 吉川弘文館
..
近・現代史

沖縄からの本土爆撃 米軍出撃基地の誕生

発行:吉川弘文館
四六判
270ページ
定価 1,800円+税
ISBN
9784642058681
Cコード
C0320
一般 全集・双書 歴史総記
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年4月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-07-01 東京新聞/中日新聞  朝刊
2018-06-03 毎日新聞  朝刊

紹介

太平洋戦争末期、沖縄に進攻した米軍は、各地を占領後すぐに滑走路を建設し、日本本土への大規模爆撃を開始。出撃したコルセア等の戦闘機は、鹿児島・出水・熊本・久留米・奄美諸島で、一般民間人を標的にした無差別攻撃をおこなった。米軍史料から知られざる実態を明らかにし、戦争の加害と被害の関係を問う。沖縄基地問題を考える上でも必読の書。

目次

語られてこなかった本土爆撃―プロローグ/沖縄進攻作戦と戦闘機の配備(沖縄進攻(アイスバーグ)作戦と飛行場建設/沖縄に配備された戦闘機部隊の任務)/沖縄に配備された戦闘機部隊の運用(戦闘機部隊の活動―日本軍機の迎撃と地上支援/最終盤の沖縄本島南部爆撃)/本土・薩南諸島爆撃の展開(オリンピック作戦/戦闘機部隊による作戦―オリンピック作戦に向けて/爆撃機部隊による九州爆撃)/爆撃機による無差別爆撃(本格的な無差別爆撃の開始/原爆投下前後の爆撃/最終盤の無差別爆撃)/戦闘機による無差別爆撃(奄美群島/九州周辺の島々/九州/沖縄からの本土爆撃のまとめ)/本格的無差別爆撃計画―極東航空軍の再編とB29の沖縄配備(超重爆撃機B29の沖縄配備/戦争の終結)出撃基地としての沖縄の米軍基地―エピローグ

著者プロフィール

林 博史  (ハヤシ ヒロフミ)  (著/文

1955年、神戸市に生まれる。1985年、一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。現在、関東学院大学教授、社会学博士。 ※2015年11月現在 【主な編著書】『沖縄戦 強制された「集団自決」』(吉川弘文館、2009年)『米軍基地の歴史―世界ネットワークの形成と展開』(吉川弘文館、2012年)『暴力と差別としての米軍基地』(かもがわ出版、2014年)

上記内容は本書刊行時のものです。