版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
近世社会と壱人両名 尾脇 秀和(著/文) - 吉川弘文館
..

近世社会と壱人両名 身分・支配・秩序の特質と構造

発行:吉川弘文館
A5判
496ページ
定価 12,000円+税
ISBN
9784642038942
Cコード
C3021
専門 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年8月10日
書店発売日
登録日
2020年5月23日
最終更新日
2020年8月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

近世日本において一人の人物が異なる二つの名前と身分を同時に保持し、公の場で使い分けた「壱人(いちにん)両名(りょうめい)」。従来固定的と見なされていた身分の移動や兼帯はなぜ発生し、いかなる意味があったのか。成立の前提・背景から明治初年の解体・終焉にいたるまで、多様な事例を分析。「身分」の意味を問い直し、近世社会の建前と実態、本質に迫る意欲的な一書。

目次

序章 本書の課題と研究視角/近世支配と壱人両名(近世「壱人両名」考―身分・職分の分離と二重身分〈壱人両名と身分・職分/分離把握の限界/苗字帯刀と名前〉以下細目略/近世身分の移動と二重化―「両人別」と「身分片付」/他支配帰属の身分格式化―「支配替」と「両支配」/白洲座席と身分格式―士・庶「両様」の取扱/両支配・兼帯における白洲座席の紛擾/支配・秩序と壱人両名)/近世地下官人と壱人両名(幕末期朝廷献納金穀と地下官人―文久三年「分賜米」を中心に/近世禁裏御香水役人の実態―地下官人の職務・相続・身分格式/近世「賛者」の実態と「町家兼帯」/近世禁裏衛士役人の相続と存在形態/地下官人と壱人両名の終焉―近世二重身分の作法とその解体)/終章 総括と展望/索引

著者プロフィール

尾脇 秀和  (オワキ ヒデカズ)  (著/文

1983年、京都府生まれ。2013年、佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了、博士(文学)。現在、神戸大学経済経営研究所研究員、佛教大学非常勤講師 ※2020年8月現在
【主要編著書】『近世京都近郊の村と百姓』(思文閣出版、2014年)、『刀の明治維新―「帯刀」は武士の特権か?―』(吉川弘文館、2018年)、『壱人両名―江戸日本の知られざる二重身分―』(NHK出版、2019年)

上記内容は本書刊行時のものです。