版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
平安宮廷の儀礼文化 末松 剛(著) - 吉川弘文館
...

平安宮廷の儀礼文化

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:吉川弘文館
縦220mm
337, 12ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-642-02475-4   COPY
ISBN 13
9784642024754   COPY
ISBN 10h
4-642-02475-1   COPY
ISBN 10
4642024751   COPY
出版者記号
642   COPY
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2010年6月
登録日
2017年3月19日
最終更新日
2017年3月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

平安期、貴族はなぜ先例を重視し儀式を運営したのか。天皇の「御後」に祗候し、「赤色袍」を着用する摂関家故実に着目。故実の形盛過程を摂関家の政略と絡めて分析し、宮廷儀礼の政治文化としての意義を解明する。

目次

平安期の宮廷儀礼研究と本書の構成
第1部 儀礼にみる摂関家の動向(即位式における摂関と母后の高御座登壇
節会における内弁勤仕と御後祗候
摂関賀茂詣の成立と展開
摂関家における服飾故実の成立と展開-赤色袍の検討を通じて)
第2部 儀礼空間を形成する先例観と視線(摂家関の先例観-御堂流故実の再検討
儀式・先例からみた藤原頼通
宮廷儀礼における公卿の「見物」)
平安宮廷の儀礼文化と摂関政治

上記内容は本書刊行時のものです。