版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
古代蝦夷からアイヌへ 三浦 圭介(著/文) - 吉川弘文館
...
【利用不可】

古代蝦夷からアイヌへ (コダイ エゾ カラ アイヌ エ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:吉川弘文館
縦220mm
420ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-642-02457-0   COPY
ISBN 13
9784642024570   COPY
ISBN 10h
4-642-02457-3   COPY
ISBN 10
4642024573   COPY
出版者記号
642   COPY
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2007年3月
登録日
2017年4月6日
最終更新日
2017年4月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

蝦夷は、古代国家と相対する中でどのような文化的変容を遂げたのか。渡嶋エミシの朝貢・擦文文化の終焉など、考古学と文献史学の両面から考察。古代「エミシ」の実態と、中世「エゾ/アイヌ」への変化の経緯に迫る。

目次

1 蝦夷社会の展開-文献史学からのアプローチ(渡嶋エミシの朝貢とその展開
八世紀における蝦夷呼称の変化の問題-天平の陸奥国産金をとおして
「北の古代末期防御性集落」の成立・発展・消滅と王朝国家
延久二年合戦について)
2 蝦夷社会の形成と変容-考古学からのアプローチ(擦文文化の形成過程
王朝国家期の東北北部社会
擦文文化からアイヌ文化へ)

上記内容は本書刊行時のものです。