版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
音楽家を成長させる「教える技術」~相互に高め合う演奏と教育のアプローチ~ コーネリア・ワトキンス(著/文) - ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス
..
【利用不可】

音楽家を成長させる「教える技術」~相互に高め合う演奏と教育のアプローチ~ (オンガクカヲセイチョウサセルオシエルギジュツ ソウゴニタカメアウエンソウトキョウイクノアプローチ)

趣味・実用
このエントリーをはてなブックマークに追加
B5判
304ページ
定価 2,700円+税
ISBN
978-4-636-97234-4   COPY
ISBN 13
9784636972344   COPY
ISBN 10h
4-636-97234-1   COPY
ISBN 10
4636972341   COPY
出版者記号
636   COPY
Cコード
C0073  
0:一般 0:単行本 73:音楽・舞踊
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年9月23日
最終更新日
2021年12月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

演奏と教育、両方の分野で活躍する2人の著者(ヴァイオリニスト&チェリスト)によって体系化された「教える技術」。楽器・専攻・音楽ジャンルを問わず、すべての音楽家に読んでいただきたい内容です。

教えることは、あなた自身の音楽性を磨き、演奏能力を高めることに繋がる!
アメリカの音楽教育界で、演奏家や指導者から熱狂的な賞賛を受けた革新的なアプローチの詳細が一冊に。

練習方法、課題曲の選び方と与え方、信頼関係の築き方、教室運営、教育哲学……
あらゆる角度から、教育的アプローチを徹底解剖。

目次

[目次]
■はじめに

◇第Ⅰ部 演奏家について

■第1章 音楽性とは何か

「音楽的に優れている」とは、どういうことか?/音楽性は学べるだろうか?/知識によって高められる音楽性/音楽の背景と音楽言語を理解する/人間経験を通して表現力ある演奏を探る

■第2章 聴くこと

聴くことを学ぶ/さまざまな聴き方:客観的、批判的、選択的、主観的/インナーリスニング/音の知覚とほかの感覚

■第3章 テクニック

ユニヴァーサルなアプローチからテクニックを考える/テクニックの身体的特性/テクニックを安定させる身体的要素/楽器音響と発音メカニズム/動きと正確性/テクニックに必要な認知プロセス/音楽家の健康と損傷予防

■第4章 練習

練習しなくてはいけない?/練習の目的/練習のプロセス/最適の練習をするための身体と精神の状態/時間を最大限使う

■第5章 演奏

本番を想定した練習/本番の演奏に関する諸事項/ステージでの存在感/演奏の核にある表現/芸術性を深め、影響力を広げる


◇第II部 教える技術

■第6章 教えるにあたって守るべき原理

■第7章 順序を考える

重要なのは順序/初心者レベルの順序を考える/練習曲、練習曲集、抜粋曲/レッスン期間が異なる場合の順序を考える/順序から逸脱した順序

■第8章 生徒の自立心を養う

「生徒に負担をかけない教え方」の問題/自立した音楽家の基本的なスキル/演奏の準備/自分でレパートリーを選ぶ/プロ意識を高める

■第9章 総合して教える

総合された音楽性/名曲をレパートリーとする意味/理解したことを偉大な教えにするには/総合して教えるための方略/評価する/全体を見る/優先順位を決める:最後のお話

■第10章 あなたの教育哲学

教育哲学を主張するメリット/実際に教えていることを教育哲学の基礎にする/書くという最後の段階


◇第III部 教えるプロとしての音楽家

■第11章 音楽教室を立ち上げる

独立したレッスン室/教室を運営する/そのほかのプライベートレッスン/税金を払う

■第12章 グループ、アンサンブル、クラス授業、そのほかのレッスン

グループレッスン/評価/副科や社会人の学生/特別支援が必要な学生にとって有意義な音楽経験

■第13章 毎日の考察と課題

教師と生徒の関係性/保護者に協力を求める/プロとしての倫理/保護者と良い関係を築く/鏡を見る:自分自身の問題を解決する

■第14章 教えと学びの循環的・相互的作用

学び続けること/共同学習の機会

■結論

補遺
読書案内
訳者あとがき(久保田慶一)
索引

------------------

著者プロフィール

コーネリア・ワトキンス  (コーネリアワトキンス)  (著/文

ハート音楽院卒業後、バーモントを拠点にさまざまな音楽祭や演奏会で室内楽やオーケストラと共演を重ねる。1982年にテキサス州ヒューストンに移り住み、ヒューストン大学で修士号を取得。その後、演奏活動を行うかたわら、ライス大学シェパード音楽院でチェロや教育学について教鞭を執る。2018年より、36年間暮らしたヒューストンを離れてウィスコンシンに移り、ノースウェスタン大学のビーネン音楽院で教育学などを教えるほか、音楽教師を育成するクリニックを開催し、音楽教育組織の委員を務めている。多数の音楽雑誌に寄稿するなど執筆活動も精力的に行い、著書に『Rosindust:Teaching, Learning and Life from a Cellist’s Perspective(ロジンダスト:教え、学び、生きる。チェリストの立場から)』(2008年、未邦訳)がある。本書は2冊目の著書となる。

ローリー・スコット  (ローリースコット)  (著/文

テキサス大学(オースティン)音楽人文学習学部准教授。テキサス大学で博士号(音楽教育)を取得後、州内のオーケストラや室内楽と多数共演するかたわら、中学や高校でユース・オーケストラの指導を行うなど教育にも情熱を注ぐ。代表を務めたテキサス大学弦楽プロジェクトは、アメリカ弦楽指導者協会(ASTA)と全米弦楽プロジェクトコンソーシアム(NSPC)より、2008年の「弦楽プロジェクト・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。弦楽クリニックの専門家としても著名で、弦楽器教育や学校教育の分野で活躍している。本書のほか、共著で弦楽器の教本なども執筆している。

久保田慶一  (クボタケイイチ)  (翻訳

東京藝術大学音楽学部、同大学大学院修士課程を修了。芸術学修士(1981年東京藝術大学大学院)、音楽学博士(1999年東京藝術大学大学院)、カウンセリング修士(2006年筑波大学大学院)、経営学修士(2009年首都大学東京大学院)。ドイツ学術交流会の奨学生として、ドイツ連邦共和国のフライブルク大学、ハンブルク大学、ベルリン自由大学に留学。東京学芸大学教授、国立音楽大学教授を経て、現在、東京経済大学客員教授、放送大学講師。

上記内容は本書刊行時のものです。