版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
北極男 増補版 冒険家はじめました 荻田 泰永(著/文) - 山と溪谷社
..
【利用不可】

北極男 増補版 冒険家はじめました (ホッキョクオトコ ゾウホバン ボウケンカハジメマシタ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:山と溪谷社
文庫判
縦148mm 横105mm 厚さ16mm
344ページ
定価 1,100円+税
ISBN
978-4-635-04981-8   COPY
ISBN 13
9784635049818   COPY
ISBN 10h
4-635-04981-7   COPY
ISBN 10
4635049817   COPY
出版者記号
635   COPY
Cコード
C0175  
0:一般 1:文庫 75:体育・スポーツ
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2023年10月23日
最終更新日
2023年12月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「冒険は素晴らしい。そのフィールドとして北極は最高だ!」
生きることに空虚さを抱えていた著者が北極で見つけたものとは。
生きづらさを抱えている人たちへおくる、幸せに生きるための道しるべ。

日本唯一の北極冒険家、荻田泰永のデビュー作。
1977年神奈川県生まれの著者は、両親に何不自由なく育ててもらったはずなのに、ある日突然大学を中退して北極冒険を思い立つ。
2000年、冒険家・大場満郎の企画で初めての海外旅行で北極に行き700kmの徒歩行を経験。
その後、アルバイトで資金をためては毎年のように北極へ向かい、2002年には500km単独徒歩行、2004年に2000km犬ゾリ縦断行、2010年には北磁極に無補給単独到達。
2012年には日本人初の北極点無補給単独到達をめざす。

年々悪化する海氷状態、まったく前に進めない乱氷帯、極限の飢え、そしてホッキョクグマの恐怖。
なぜそこまでして過酷な北極へ通いつめるのか? 
生きるとは何か、を探すうちに極地にたどりついた男は、やがて「考える脚」へと変貌を遂げる。

その冒険の過程を描いた珠玉の青春記。

目次

■内容
プロローグ<ある取材記者との会話> 旅の準備・北極ってどんなところ? ホッキョクグマほか
1回目 初めての北極~2000年北磁極~
2回目 北極一人旅~2001年レゾリュート~
3回目 単独初挑戦~2002年500km徒歩行~
4回目・5回目 出会い~2003年ケンブリッジベイ~
6回目 犬ゾリ2000kmの旅~2004年グリーンランド~
7回目・8回目 挫折~2006年ケンブリッジベイ・2007年1000km単独徒歩行~
<ある取材者との会話・その2> 冒険家の悩み・働くこととお金の話
9回目・10回目 再起~2008年皆既日食・2010年北磁極単独~
11回目 角幡とフランクリン隊を追う~2011年1600km二人旅~
12回目 無補給単独徒歩による挑戦~2012年北極点~
13回目 北極点を越えて~2014年再びの挑戦を目指して~
《あとがき》
《解説》北極バカ一代 角幡唯介
《文庫解説》イヌイットに与えられた名前は 川内有緒

著者プロフィール

荻田 泰永  (オギタ ヤスナガ)  (著/文

1977年神奈川県生まれ。
カナダ北極圏やグリーンランド、北極海を中心に主に単独徒歩による冒険行を実施。
2000年より2019年までの20年間に18回の北極行を経験し、北極圏各地をおよそ10,000km以上移動。
世界有数の北極冒険キャリアを持ち、国内外のメディアからも注目される日本唯一の「北極冒険家」。
2016年、カナダ最北の村グリスフィヨルド~グリーンランド最北のシオラパルクをつなぐ1000kmの単独徒歩行(世界初踏破)。
2018年1月5日(現地時間)、南極点無補給単独徒歩到達に成功(日本人初)。
2018年2月 2017「植村直己冒険賞」受賞。2021年5月 神奈川県大和市に「冒険研究所書店」開業。
日本国内では夏休みに小学生たちと160kmを踏破する「100milesAdventure」を2012年より主宰。
北極で学んだ経験を旅を通して子供達に伝えている。
著書に『考える脚』(KADOKAWA)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。