版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
超巨大リスクの定量的評価 B. John Garrick(著/文) - 森北出版
..

書店員向け情報

超巨大リスクの定量的評価

工業・工学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:森北出版
菊判
336ページ
定価 6,800円+税
ISBN
978-4-627-87001-7   COPY
ISBN 13
9784627870017   COPY
ISBN 10h
4-627-87001-9   COPY
ISBN 10
4627870019   COPY
出版者記号
627   COPY
Cコード
C3050
専門 単行本 工学・工学総記
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年10月
書店発売日
登録日
2021年8月31日
最終更新日
2021年8月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

【地域や社会が壊滅する規模のリスクへの対処法を、定量的リスク評価の第一人者が提唱する】

小惑星の衝突、テロ攻撃、パンデミック――。ごく稀にしか起こらないが、ひとたび起これば地域や社会を壊滅させる、破局的な事象の数々。
それら『カタストロフィックリスク』に備えるための枠組みである、6つのステップからなるプロセスを解説する。このプロセスに沿って考えていくことで、限られたデータをもとに論理モデルを構築して、リスクを定量的に分析・評価することができるようになる。

「巨大ハリケーンの襲来」「小惑星の衝突」「電力網へのテロ攻撃」「急激な気候変動」という4つの事例を通して、どのようなデータを利用すればよいかや、1つ1つのステップで何をどう考えたらよいかなど、分析プロセスの詳細が理解できる。またそれ以外にも、核戦争や超巨大火山などのさまざまなリスクも扱っている。

[原題]Quantifying and Controlling Catastrophic Risks

目次

第1章 社会リスクを理解し行動する
第2章 定量的リスク評価の基礎をなす方法論
第3章 事例研究1:カタストロフィックなハリケーンのリスク
第4章 事例研究2:小惑星が衝突するリスク
第5章 事例研究3:電力網へのテロ攻撃
第6章 事例研究4:急激な気候変動
第7章 カタストロフィックな結果・影響をもたらしうるリスク事例
第8章 カタストロフィック・リスクの合理的な管理
付録A 定量的リスク評価の歴史といくつかの事例
付録B ハリケーン・リスクの事例研究を裏付けるエビデンス
付録C 小惑星リスクの事例研究を裏付けるエビデンス

著者プロフィール

山口 彰  (ヤマグチ アキラ)  (翻訳

東京大学教授 工学博士

上記内容は本書刊行時のものです。