版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
確率の哲学 一ノ瀬 正樹(監修) - 森北出版
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

確率の哲学 (カクリツノテツガク) 因果論思考から帰納論理へ (インガロンシコウカラキノウロンリヘ)

自然科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:森北出版
A5判
240ページ
定価 3,500円+税
ISBN
978-4-627-08301-1   COPY
ISBN 13
9784627083011   COPY
ISBN 10h
4-627-08301-7   COPY
ISBN 10
4627083017   COPY
出版者記号
627   COPY
Cコード
C3041  
3:専門 0:単行本 41:数学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2022年9月
書店発売日
登録日
2022年8月10日
最終更新日
2022年9月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

確率はいったい何を表し、どう根拠づけられるのか?
哲学的に筋道を立てて確率を論じるとはどういうことか?
そのためにはどのような手法が必要なのか?

「ある会社の採用試験を受けたとき、自分が採用される確率はどれくらいか」
「最近事件が起こった国へ渡航したとき、自分が事件に巻き込まれる確率はどれくらいか」
このような場面を題材に確率の哲学的側面を解説します。

扱う手法は、意志決定理論から始まり、記号論理や確率論理学を経て、カルナップが提唱した帰納論理へとたどり着きます。
哲学者の思考と研究アプローチに触れられる一冊です。

***

「本書をとおし、『確率の哲学』というジャンルが広く一般読者に知られることを願ってやみません。」
――日本哲学会会長・一ノ瀬正樹(監修者序言より)

目次

第1章 行為と確率
第2章 意志決定理論
第3章 自然科学と確率
第4章 主観説
第5章 囚人のジレンマ
第6章 条件付き確率
第7章 因果論思考
第8章 帰納論理へ
第9章 予測推論
第10章 コルモゴロフの公理系
第11章 確率論理学
第12章 ベイズの定理
第13章 帰納論理の言語
第14章 Q述語と世界
第15章 個別予測の算出
第16章 統計的世界観
最終章 総括と実践

著者プロフィール

一ノ瀬 正樹  (イチノセ マサキ)  (監修

東京大学名誉教授 博士(文学)

金子裕介  (カネコ ユウスケ)  (著/文

明治大学非常勤講師 博士(文学)

上記内容は本書刊行時のものです。