版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
心理的アセスメント 川畑 直人(監修) - ミネルヴァ書房
..
【利用不可】

心理的アセスメント (シンリテキアセスメント) 巻次:14 適切な支援のための道しるべ (テキセツシエンノタメノミチシルベ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ14mm
重さ 360g
232ページ
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-623-08715-0   COPY
ISBN 13
9784623087150   COPY
ISBN 10h
4-623-08715-8   COPY
ISBN 10
4623087158   COPY
出版者記号
623   COPY
Cコード
C3311  
3:専門 3:全集・双書 11:心理(学)
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年9月30日
書店発売日
登録日
2023年7月17日
最終更新日
2023年12月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

公認心理師カリキュラムにおける必修科目「心理的アセスメント」では,「心理的アセスメントの目的及び倫理」「心理的アセスメントの観点及び展開」「心理的アセスメントの方法」「適切な記録及び報告」を学ぶこととされている。本書ではこのカリキュラムに対応して、心理的アセスメントの目的とその手法について概観し、様々な領域におけるアセスメントの実際と、臨床現場で留意すべき点を豊富な事例から学ぶ。

目次

公認心理師の基本を学ぶテキスト 監修者の言葉

序 章 まず理解をすること,そして援助が始まる(大島 剛)
 1 はじめに
 2 児童相談所の心理的アセスメント
 3 心理的アセスメントの2つの立場
 4 各領域における心理的アセスメントの特色
 5 序章のまとめ
 6 本書の構成


 第Ⅰ部 心理的アセスメントの目的および観点

第1章 心理的アセスメントの見取り図──どこから始め,ゴールをどう考えるか(青柳寛之)
 1 心理的アセスメントとは
 2 心理的アセスメントの流れ
 3 心理的アセスメントの面接を行う際の一般的な着眼点
 4 心理的アセスメントの倫理

第2章 何を知ろうとするのか──心理面接におけるアセスメントのポイント(安村直己)
 1 初回面接におけるアセスメントのポイント
 2 初期の心理面接におけるアセスメントのポイント
 3 個人の問題をシステムとしてとらえるアセスメントの視点

第3章 どのように知ろうとするのか──言語・観察・心理検査による情報の収集(森田 慎)
 1 面接における情報収集
 2 心理検査


 第Ⅱ部 心理的アセスメントの方法

第4章 知能検査・発達検査──心の知的な部分を知ること(大島 剛)
 1 知能検査
 2 発達検査
 3 知能検査と発達検査の相違

第5章 人格検査―パーソナリティの多角的なアセスメントに役立つツール(坂田浩之)
 1 人格のアセスメントの潮流
 2 質問紙法
 3 投映法
 4 事例による例示

第6章 症状評価法・診断面接基準──公認心理師が知っておきたい知識とその生かし方(榮阪順子)
 1 症状評価法
 2 診断面接基準
 3 診断と心理的アセスメント

第7章 神経心理検査・認知機能検査──心と脳の関係を探る(小海宏之)
 1 中枢神経系の構造と脳の機能局在
 2 神経心理学的アセスメントの目的,方法,留意点および検査の種類
 3 神経心理学的アセスメントの実際


 第Ⅲ部 各領域における心理的アセスメントの特徴と方法

第8章 医療領域の心理的アセスメント──チーム医療に生かし,支援につなげる(小辻希世子・和田野飛鳥)
 1 医療領域の基礎知識
 2 医療に必要とされる心理的アセスメント
 3 様々な医療分野で求められる心理的アセスメント
 4 心理検査を用いた心理的アセスメントの実際

第9章 福祉領域の心理的アセスメント──支援を見据えた見立てと理解(伏見真里子)
 1 児童福祉──子どものアセスメントの特殊性と具体例
 2 障害(児)者福祉──知的障害と発達障害に関して
 3 関係性のアセスメント
 コラム 自分が知り得たことでなく来談者が知りたいことを伝える

第10章 教育領域の心理的アセスメント──子どもの取り組む課題に目を向ける(林 郷子)
 1 「問題」をどのようにとらえるか
 2 心理的アセスメントの対象
 3 アセスメントの実際

第11章 司法領域の心理的アセスメント──犯罪・非行のメカニズムの解明と更生支援…坂野剛崇
 1 犯罪をした人と非行少年へのアプローチ
 2 犯罪・非行のアセスメントと支援
 3 実例に見る犯罪・非行のアセスメント
 コラム1 受刑者に対する指導プログラム
 コラム2 犯罪被害者

第12章 産業・労働領域の心理的アセスメント──労働者のメンタルヘルス不調の事例をふまえて(坂中尚哉)
 1 職場のメンタルヘルスの現状と課題
 2 産業・労働領域での心理臨床の実際
 3 産業・労働領域での事例
 4 ストレスチェック制度におけるメンタルヘルス対策

第13章 心理支援へのアセスメントの活用──公認心理師としての成長のために(古田直樹)
 1 量的分析と質的分析
 2 抽象化と具象化
 3 多職種連携と包括的アセスメント
 4 検査者へのフィードバック


索  引

著者プロフィール

川畑 直人  (カワバタ ナオト)  (監修

2023年9月現在
京都文教大学臨床心理学部 教授 公認心理師・臨床心理士

大島 剛  (オオシマ ツヨシ)  (著/文

2023年9月現在
神戸親和大学文学部 教授 公認心理師・臨床心理士

郷式 徹  (ゴウシキ トオル)  (監修

2023年9月現在
龍谷大学文学部 教授 学校心理士

青柳 寛之  (アオヤギ ヒロユキ)  (編集

2023年9月現在
甲子園大学心理学部 教授 公認心理師・臨床心理士

上記内容は本書刊行時のものです。