版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
持続と変容の沖縄社会 谷 富夫(編集) - ミネルヴァ書房
..

書店員向け情報

持続と変容の沖縄社会 沖縄的なるものの現在

このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
320ページ
定価 4,500円+税
ISBN
978-4-623-07034-3   COPY
ISBN 13
9784623070343   COPY
ISBN 10h
4-623-07034-4   COPY
ISBN 10
4623070344   COPY
出版者記号
623   COPY
Cコード
C3036
専門 単行本 社会
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2015年8月13日
最終更新日
2015年8月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

はじめに

 第1部 沖縄社会の基礎構造
第1章 沖縄的なるものを検証する(谷 富夫)
 はじめに
 1 過剰都市化の研究
 2 仮説検証の試み
 3 都市適応
 4 沖縄的なるものの普遍性?――結論と課題

第2章 本土移住と沖縄再適応(野入直美)
 はじめに
 1 調査の対象と方法
 2 調査結果――沖縄的生活様式の持続と変容
 3 高度専門職の自力主義
 4 野宿経験者の体験
 おわりに――なぜ人びとは沖縄に帰ってくるのか

第3章 成人期への移行とUターン(安藤由美)
 はじめに
 1 本章の課題と方法
 2 Uターン経験と成人期への移行
 3 帰郷の状況と職業軌道の連続性
 4 Uターンと成人期への移行の時代的変化
 おわりに――沖縄の成人期への移行にとってUターンとは?

第4章 ウチナーンチュの生活世界(二階堂裕子)
 はじめに
 1 模合をめぐる近年の動向
 2 沖縄の社会関係と模合
 3 模合とウチナーンチュ・アイデンティティ
 4 模合にみる現代沖縄社会

第5章 沖縄大卒者のローカル・トラック(上原健太郎)
 はじめに
 1 看過されてきた沖縄大卒者
 2 ローカル・トラックの輪郭
 3 沖縄大卒者の内的経験
 4 沖縄大卒者のローカル・トラック

 第2部 葛藤と生成の沖縄社会
第6章 沖縄的共同体の外部に生きる(打越正行)
    ――ヤンキー若者たちの生活世界
 はじめに
 1 調査概略
 2 距離化・裏切り・「男の強さ」――〈シージャー〉たちの視点から
 3 暴力と横取りの日常――〈ウットゥ〉の視点から
 4 沖縄的共同体の外部

第7章 琉球華僑(八尾祥平)
    ――顔の見えないエスニック・マイノリティ
 はじめに
 1 日華断交まで
 2 日華断交後
 おわりに

第8章 本土出身者の移住をめぐる選択と葛藤(須藤直子)
 はじめに
 1 先行研究と課題
 2 「沖縄移住」の社会的文脈
 3 Aさん夫婦の移住ヒストリー
 4 よそ者を自覚するということ
 5 移住者の10年/沖縄と本土の10年
 おわりに

第9章 沖縄ハンセン病者の排除と移動(中村文哉)
    ――療養所なき時代における沖縄のハンセン病問題の位相
 はじめに
 1 沖縄社会とハンセン病――沖縄のハンセン病に関する疫学的状況
 2 ハンセン病罹患者のライフコースの軸としての移動性
 3 浮浪の結末としての行路病死――源次郎さんの死
 4 ハンセン病罹患者たちにとってのハンセン病問題

 第3部 基地・都市・離島
第10章 名護市辺野古と米軍基地(熊本博之)
 はじめに
 1 シュワブ受け入れの経緯と建設後の辺野古社会
 2 普天間基地移設問題の経緯と辺野古の応答
 3 持続してきたもの,変容しつつあるもの
 おわりに

第11章 軍民境界都市としてのコザ(山﨑孝史)
    ――暴動の記憶とアイデンティティ
 はじめに
 1 研究対象地域・資料
 2 コザ暴動の背景とコザの現在
 3 「記録する会」の証言分析
 おわりに

第12章 戦後沖縄都市の形成と展開(波平勇夫)
    ――コザ市にみる植民地都市の軌道
 はじめに――戦後沖縄の都市モデルとしてのコザ市
 1 敗戦と米軍占領
 2 米軍基地建設
 3 戦後の都市化
 4 都市空間
 5 基地労働者
 6 軍用地地主
 7 「基地の町」再構築にむけて――発展史から見直す

第13章 西表島戦後開拓集落の地域形(成越智正樹)
     ――出身母村との親密関係
 はじめに
 1 調査地の概要
 2 住吉現住開拓家系の親族関係,および行事等
 3 在宮古島親族と現住2世との交流関係
 4 入植祭における母村との関係
 5 考 察
 むすび

あとがき
人名索引/事項索引

著者プロフィール

谷 富夫  (タニ トミオ)  (編集

*2014年3月現在 甲南大学文学部教授

安藤 由美  (アンドウ ヨシミ)  (編集

*2014年3月現在 琉球大学法文学部教授

野入 直美  (ノイリ ナオミ)  (編集

*2014年3月現在 琉球大学法文学部准教授

上記内容は本書刊行時のものです。