版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
北朝鮮 瀬戸際外交の歴史 道下 徳成(著/文) - ミネルヴァ書房
..
国際政治・日本外交叢書

北朝鮮 瀬戸際外交の歴史 1966~2012年

A5判
394ページ
定価 4,800円+税
ISBN
9784623065578
Cコード
C3331
専門 全集・双書 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2015年8月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-06-03 毎日新聞  朝刊
評者: 礒﨑敦仁(慶應義塾大学法学部准教授・北朝鮮政治)

紹介

核実験、ミサイル発射、そして「天安」撃沈の秘密……「核保有国」北朝鮮の軍事・外交行動を解明する、待望の通史。

目次

プロローグ 新たな瀬戸際外交の幕開け

序 章 北朝鮮の瀬戸際外交を読み解く
 1 瀬戸際外交の特徴
 2 研究手法と本書の構成

第1章 瀬戸際外交の歴史
 1 瀬戸際外交の起源――1966~72年
 2 限定的武力使用――1973~82年
 3 テロリズムの台頭―1983~92年
 4 洗練された瀬戸際外交――1993年~現在

第2章 非武装地帯の攻防――1966~68年
 1 攻撃と反撃、そして米韓関係の緊張
 2 環境要因の分析
 3 軍事・外交行動の特徴
 4 政策目的とその達成度
 5 瀬戸際外交のマイナス効果

第3章 プエブロ号事件――1968年
 1 プエブロ号拿捕と米朝直接交渉
 2 環境要因の分析
 3 軍事・外交行動の特徴
 4 政策目的とその達成度

第4章 西海事件――1973~76年
 1 海空における攻勢と平和協定の提案
 2 環境要因の分析
 3 軍事・外交行動の特徴
 4 政策目的とその達成度
 5 瀬戸際外交のマイナス効果

第5章 板門店ポプラ事件――1976年
 1 ポプラの枝打ち、オノ殺害事件、「ポール・バニヤン」作戦
 2 環境要因の分析
 3 軍事・外交行動の特徴
 4 政策目的とその達成度

第6章 第一次核外交――1993~94年
 1 核開発、危機、枠組み合意
 2 環境要因の分析
 3 軍事・外交行動の特徴
 4 政策目的とその達成度

第7章 ミサイル外交――1998~2000年
 1 ミサイル輸出、発射実験、米朝協議
 2 環境要因の分析
 3 軍事・外交行動の特徴
 4 政策目的とその達成度
 5 瀬戸際外交のマイナス効果

第8章 停戦体制の無効化工作――1993~2002年
 1 停戦体制の無効化に向けた軍事・外交攻勢
 2 環境要因の分析
 3 軍事・外交行動の特徴
 4 政策目的とその達成度
 5 瀬戸際外交のマイナス効果

第9章 第二次核外交――2002~08年
 1 第二次核外交の展開
 2 環境要因の分析
 3 軍事・外交行動の特徴
 4 政策目的とその達成度
 5 瀬戸際外交のマイナス効果

終 章 瀬戸際外交の有用性と限界
 1 瀬戸際外交の目的と軍事行動
 2 軍事バランスと北朝鮮の行動パターン
 3 瀬戸際外交の特徴

エピローグ 金正恩時代の瀬戸際外交


あとがき
資料編
インタビューリスト
人名・事項索引

著者プロフィール

道下 徳成  (ミチシタ ナルシゲ)  (著/文

2013年6月現在 政策研究大学院大学准教授

上記内容は本書刊行時のものです。