版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
橋本関雪 : 師とするものは支那の自然 西原 大輔(著/文) - ミネルヴァ書房
...
【利用不可】

橋本関雪 : 師とするものは支那の自然 (ハシモト カンセツ : シ ト スル モノ ワ シナ ノ シゼン)

このエントリーをはてなブックマークに追加
縦200mm
276, 12ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-623-04997-4   COPY
ISBN 13
9784623049974   COPY
ISBN 10h
4-623-04997-3   COPY
ISBN 10
4623049973   COPY
出版者記号
623   COPY
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2007年10月
登録日
2016年10月15日
最終更新日
2016年10月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

橋本関雪(一八八三~一九四五)日本画家。生涯に六十回以上の中国旅行を行い、大陸の文人と盛んに交遊した関雪。中国で盗賊を撃退したり、連絡船を待たせておいたりと、奇抜なエピソードも多い。本書は、この「支那通」野人画家の魅力に迫る、初の本格的評伝。

目次

第1章 画家の誕生(生い立ち
修行時代)
第2章 成功への道(地位の確立
永住の地へ)
第3章 西へ東へ(第一回洋行
中国への影響
第二回洋行)
第4章 大家の風格(妻の急死
画壇の大物)
第5章 愛国の画家(彩管報国
南方従軍
最晩年)

上記内容は本書刊行時のものです。