版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
壊れた魂 アキラ・ミズバヤシ(著/文) - みすず書房
..

書店員向け情報

9784622090328

壊れた魂

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:みすず書房
四六判
重さ 380g
248ページ
定価 3,600円+税
ISBN
978-4-622-09032-8   COPY
ISBN 13
9784622090328   COPY
ISBN 10h
4-622-09032-5   COPY
ISBN 10
4622090325   COPY
出版者記号
622   COPY
Cコード
C0097
一般 単行本 外国文学小説
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年8月2日
書店発売日
登録日
2021年6月25日
最終更新日
2021年7月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-09-18 朝日新聞  朝刊
評者: 犬塚元(法政大学教授・政治思想史)
MORE
LESS

紹介

1938年秋、東京。思想統制によって父を逮捕され、たった一人の肉親を永遠に失った少年、礼は兵隊に破壊された父のヴァイオリンを携えて、父の友人マイヤール夫妻とともにフランスへ渡る。
60余年後。弦楽器職人としてパリに工房を構えるジャック・マイヤール=レイ・ミズサワは、新進ヴァイオリニスト山崎美都理を通じて、踏み込んできた隊の中で唯一、父を救おうとした「クロカミ」中尉の戦後と、死までの人生を知る。そして、礼が12年の年月を費やして修復・再生し、美都理の手に託された形見のヴァイオリンが1938年のその日に父が奏でた曲の調べをホールに響かせたその瞬間、ひとつの円環が閉じ、新しい生が始まろうとしていた……
日本に暮らす日本人である著者がフランス語で書き、出版後、またたく間にフランス国内はもとより各国で高い評価を得た小説、Âme briséeを著者自身による翻訳で贈る。

目次

瞑想のとき
Ⅰ アレグロ・マ・ノン・トロッポ
Ⅱ アンダンテ
Ⅲ メヌエット・アレグレット
Ⅳ アレグロ・モデラート
エピローグ
あとがき

著者プロフィール

アキラ・ミズバヤシ  (アキラミズバヤシ)  (著/文

1951年、山形県生まれ。東京外国語大学フランス語科卒業。1973年よりフランス、ポール・ヴァレリー・モンペリエ大学に留学後、東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。1979年よりパリ高等師範学校ENS-Ulm留学。パリ第7大学博士課程修了。第三期課程博士。本書Âme brisée, 2019に先立つフランス語の著作に、Une langue venue d'ailleurs, 2011, Mélodie, chronique d'une passion, 2013, Petit éloge de l'errance, 2014, Un amour de Mille-Ans, 2017(以上、Éditions Gallimard)、さらに、Dans les eaux profondes(Arléa, 2018)がある。

水林章  (ミズバヤシアキラ)  (翻訳

1951年生まれ。上智大学名誉教授。著書に『幸福への意志――〈文明化〉のエクリチュール』(みすず書房 1994)、『ドン・ジュアンの埋葬――モリエール『ドン・ジュアン』における歴史と社会』(山川出版社 1996)、『公衆の誕生、文学の出現――ルソー的経験と現代』(みすず書房 2003)、『『カンディード』〈戦争〉を前にした青年』(同 2005),『モーツァルト《フィガロの結婚》読解――暗闇のなかの共和国』(同 2007),『思想としての〈共和国〉[増補新版]』(共著、同 2016)ほか。訳書に、J-M・アポストリデス『機械としての王』(同 1996)、D・ペナック『学校の悲しみ』(同 2009)ほか。自著の日本語への翻訳は本書が初となる。

上記内容は本書刊行時のものです。