版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
二・二六事件を読み直す 堀 真清(著/文) - みすず書房
..

二・二六事件を読み直す

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:みすず書房
四六判
重さ 410g
344ページ
定価 3,600円+税
ISBN
978-4-622-08982-7   COPY
ISBN 13
9784622089827   COPY
ISBN 10h
4-622-08982-3   COPY
ISBN 10
4622089823   COPY
出版者記号
622   COPY
 
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年2月16日
書店発売日
登録日
2020年12月23日
最終更新日
2021年2月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

1936年2月26日早暁、陸軍青年将校らの一団約1500名が蹶起した。標的のうち岡田啓介首相と牧野伸顕前内大臣は難を逃れたが、斎藤実内大臣、高橋是清蔵相、渡辺錠太郎教育総監が殺害され、鈴木貫太郎侍従長が重傷を負った。
首謀者らは佐郷屋留雄の浜口雄幸狙撃、血盟団事件、五・一五事件を先駆捨身と称揚。襲撃後は独自の国体観による「待ちの姿勢」をとり天皇の嘉納を期待したが4日目に帰順。軍法会議を経て処刑された。
「クーデター未遂」「統制派と皇道派の抗争」「政治腐敗と農村の窮状を見かねての義挙」「真崎甚三郎黒幕説」。事件についてはいくつもの総括があったが、実相は理解されているだろうか。本書は、史料を虚心に読み直すことで事件のありようをとらえる試みである。首謀者らが「皇道派青年将校」だという巷説は正しいのか。真崎黒幕説に便乗することで、皇道派と青年将校をまとめて退治したい幕僚・統制派側の作為ではないか。「待ちの姿勢」とは何か。いくつかの論点についても考察する。
社会の不正を憎み、困窮する人々の救済を天皇親政で実現しようとした将校らに成功の余地はなかった。そして事件は、彼らの思いもよらない帰結を招いたのである。
「軍当局は[…]吾人を犠牲となし、吾人を虐殺して而も吾人の行へる結果を利用して軍部独裁のファッショ的改革を試みんとなしあり、一石二鳥の名案なり」(安藤輝三)。

目次

はじめに
第一章 先行の諸事件
第二章 襲撃
第三章 蹶起者の性格――待ちの姿勢・国体観・改造思想
第四章 軍部関係者による国家改造運動の系譜――団体と事件
第五章 西田派青年将校
第六章 皇道派・統制派
第七章 将校側の要望事項・陸軍大臣告示・収拾と真崎陰謀説
第八章 軍法会議――行動者の内面世界
第九章 事件以後
むすびにかえて

あとがき
地図と表
索引

著者プロフィール

堀 真清  (ホリマキヨ)  (著/文

1946年生まれ。早稲田大学政治経済学術院・同大学院政治学研究科教授(日本政治史担当)を経て、早稲田大学名誉教授。ケンブリッジ大学客員教授やオックスフォード大学交換研究員などを歴任。主要著作に『西田税と日本ファシズム運動』(2007年、岩波書店)『大山郁夫と日本デモクラシーの系譜――国家学から社会の政治学へ』(2011年、岩波書店)『原典でよむ日本デモクラシー論集』(2013年、岩波書店)『近代日本の国家政治』(2015年、早稲田大学出版部)『二・二六事件を読み直す』(2021年、みすず書房)ほか。訳書にハロルド・J・ラスキ『ファシズムを超えて――一政治学者の戦い[新版]』(2009年、早稲田大学出版部)。

上記内容は本書刊行時のものです。