版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
恐竜の世界史 スティーブ・ブルサッテ(著/文) - みすず書房
..

恐竜の世界史 負け犬が覇者となり、絶滅するまで

発行:みすず書房
四六判
重さ 500g
368ページ
定価 3,500円+税
ISBN
9784622088240
Cコード
C0040
一般 単行本 自然科学総記
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年8月8日
書店発売日
登録日
2019年6月24日
最終更新日
2019年8月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-08-18 毎日新聞  朝刊
評者: 中村桂子(JT生命誌研究館館長)

紹介

今は、「恐竜化石の大発見時代」だ。次々と新種が報告されており、恐竜の歴史は大きく書きかえられてきた。
著者は、世界各地で発掘調査を行い、15種もの新種を記載してきた若手恐竜学者である。その研究の多くが、恐竜たちの歴史を念頭に置いて行われてきた。
たとえば、史上最大の大量絶滅事件の後、地上に出現した初期の恐竜はどのような姿だったのか。著者たちは探偵さながらに足跡化石を追い、足跡の主の姿や運動能力を推理していく。
また、恐竜たちはどのようにして世界中に広がり、支配階級に上り詰めていったのか。その過程は、膨大な化石の記録を見直し、統計解析を行うことで明らかになった。実はその道のりは厳しく、初期の恐竜たちは弱い立場に置かれていた。
化石を発見した瞬間の喜びや、かつて“恐竜少年”だった著者と研究者たちとの交流のエピソード、恐竜視点で描かれる「絶滅の日」など、多彩な描写を追ううちに、最新の恐竜研究と恐竜たちの歴史を一望できる一冊である。

目次

プロローグ 恐竜化石の大発見時代
1 恐竜、興る
2 恐竜、台頭する
3 恐竜、のし上がる
4 恐竜と漂流する大陸
5 暴君恐竜
6 恐竜の王者
7 恐竜、栄華を極める
8 恐竜、飛び立つ
9 恐竜、滅びる
エピローグ 恐竜後の世界
謝辞
訳者あとがき
参考文献
索引

著者プロフィール

スティーブ・ブルサッテ  (スティーブブルサッテ)  (著/文

1984年アメリカ生まれ。エジンバラ大学で教鞭を執る。博士号をコロンビア大学で取得後、2013年より現職。専門は恐竜などの古脊椎動物の解剖学・系統学・進化。これまでにブラジル、イギリス、中国、リトアニア、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、アメリカでフィールドワークを行う。また、15種を新種として記載している。著書に、Dinosaurs(Quercus 2008), Dinosaur Paleobiology(Wiley-Blackwell, 2012年), Day of the Dinosaurs(Wide Eyed Editions, 2016年), Walking with Dinosaurs Encyclopedia(HarperCollins, 2013年), The Rise and Fall of the Dinosaurs(William Morrow, 2018年〔『恐竜の世界史』黒川耕大訳、土屋健日本語版監修、みすず書房〕)などがある。

黒川耕大   (クロカワコウタ)  (翻訳

翻訳家。金沢大学理学部地球学科卒業、同大学自然科学研究科生命・地球学専攻修了。ナショナルジオグラフィックチャンネルやディスカバリーチャンネルなどの科学番組の翻訳を数多く手掛ける。

土屋健  (ツチヤケン)  (監修

埼玉県生まれ。オフィス ジオパレオント代表、サイエンスライター。金沢大学大学院自然科学研究科で修士号を取得(専門は地質学、古生物学)。その後、科学雑誌『Newton』の編集記者、部長代理を経て独立し、2012年より現職。雑誌等への寄稿、著作多数。2019年、日本古生物学会貢献賞を受賞。近著に『リアルサイズ古生物図鑑 中生代編』(技術評論社)など。監修書も多数。

上記内容は本書刊行時のものです。