版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
Earth for All 万人のための地球 Sandrine Dixson-Declève(著/文) - 丸善出版
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

書店員向け情報 HELP

Earth for All 万人のための地球 (アースフォーオール バンニンノタメノチキュウ) 『成長の限界』から50年 ローマクラブ新レポート (セイチョウノゲンカイカラゴジュウネン ローマクラブシンレポート)

自然科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:丸善出版
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ14mm
240ページ
定価 2,400円+税
ISBN
978-4-621-30767-0   COPY
ISBN 13
9784621307670   COPY
ISBN 10h
4-621-30767-3   COPY
ISBN 10
4621307673   COPY
出版者記号
621   COPY
Cコード
C3044  
3:専門 0:単行本 44:天文・地学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2022年11月30日
発売予定日
登録日
2022年9月28日
最終更新日
2022年11月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

1950年代以降の加速的な工業化社会の進展により,地球は地質学的な新時代である人新世に突入した.
私たちの文明を支えるプラネタリーバウンダリーの境界内で,人類の繁栄は可能だろうか?

50年前に『成長の限界』は地球の生態学的破壊と社会の崩壊の可能性ないしは蓋然性を警告した.
本書では世界経済と地球システムとの関係を新たなシステムダイナミクスモデルに基づき分析し,最も大きな便益をもたらす筋道を究明する.

本書は貧困,不平等,女性のエンパワメント,食料,エネルギーに関する5つの方向転換の必要性を訴え,ウェルビーイング経済,普遍的基礎配当,社会的緊張の緩和といったシステム的アプローチを提示する.

これらの方向転換は人新世において新しい社会契約の基礎を形成する可能性さえあるだろう.
本書が人類のために有益な指針となり,このたった一つの有限な惑星における文明の「21世紀的サバイバルガイド」となることを願っている.

目次

本書に貢献した人々
翻訳者・翻訳協力者一覧
序文 クリスティアナ・フィゲレス
序文 エリザベス・ワトゥティ
監訳者まえがき
監修者まえがき

第1章 万人のための地球:健全な惑星で世界的な公正を実現するための5つの劇的な方向転換
ブレークダウンかブレークスルーか?
未来シナリオの来歴
「成長の限界」から「プラネタリーバウンダリー」へ
「万人のための地球」構想
経済システムの変革への人々の支持

第2章 「小出し手遅れ」か「大きな飛躍」か:2つのシナリオの検討
1980年から2020年までの簡潔なレビュー
シナリオ1:「小出し手遅れ」シナリオ
シナリオ2:「大きな飛躍」シナリオ
私たちは協働してどのようなシナリオを創っていくのか?

第3章 貧困との訣別
私たちの現在の問題は何か?
貧困の方向転換:課題への挑戦
解決策1:政策策定範囲の拡大と債務への対応
解決策2:金融構造を変革する
解決策3:世界貿易を変革する
解決策4:技術へのアクセスの改善と技術のリープフロッグ
解決策を阻むもの
結論:貧困の方向転換

第4章 不平等の方向転換:「配当の共有」
経済的不平等の問題点
より大きな公平性に向けた大きな飛躍
平等のレバーの障壁を克服するために
結論

第5章 エンパワメントの方向転換:「ジェンダー平等の実現」
人口
すべてを方向転換させる
教育を変革する
経済的自立とリーダーシップ
安心できる年金と尊厳ある老後
結論

第6章 食の方向転換:食料システムを人間と地球の健康に寄与するものにする
地球の生物圏の消費
解決策1:農業に革命を起こす
解決策2:食生活を変える
解決策3:食料のロスと廃棄をなくす
障壁
結論

第7章 エネルギーの方向転換:「すべてを電化する」
課題
上を見ないで
解決策1:システム効率化の導入
解決策2:(ほとんど)すべてを電化する
解決策3:新たな再エネの指数関数的な成長
Earth4Allの分析に見るエネルギーの方向転換
障壁
結論

第8章 「勝者総取り」資本主義からEarth4All経済へ
新たな経済運営システム
レンティア資本主義の台頭
人新世におけるコモンズの再考
従来型の経済のゲームボード
ゲームボードを描き直す
短期主義:寄生的な金融システムへの道
システムチェンジの具体化
システムの失敗を解決する
結論

第9章 今こそ行動を
「万人のための地球」は思ったよりも近くにあるか?
湧き上がる声

付録 Earth4Allモデル
モデルの目的
モデルの歴史
モデルの主要部門
モデルの因果ループ図
モデルの斬新性
「万人のための地球」ゲーム

注釈
原著者について
訳者あとがき
索引

上記内容は本書刊行時のものです。