版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
あめいろぐ高齢者医療 反田 篤志(監修) - 丸善出版
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4
【あめいろぐ】シリーズ

あめいろぐ高齢者医療 “Ameilog” book on Geriatrics

発行:丸善出版
A5判
縦210mm 横148mm
214ページ
定価 3,500円+税
ISBN
9784621305355
Cコード
C3047
専門 単行本 医学・歯学・薬学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年8月25日
書店発売日
登録日
2020年7月7日
最終更新日
2020年8月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

【医療ソムリエのように,患者と家族の価値観に寄り添った医の役割を提案できますか】


今回ばかりは教科書を作りました。こんなに高齢化が進んだ社会なのに、Geriatrics(老年科)の定番textが、日本にないからです。そこで、Geriatrics発症の地・アメリカから2人のドクターを招聘。

【Dr.HiguchiとDr.Uemura】


ですが、本場のGeriatricianによる上から目線の本でありません。


認知症,多剤併用,緩和ケア

終末期の意思決定,ACP

お看取り,失禁.体重減少 等


患者や家族の痛みや苦しみ,価値観を聞きだし、「ベストなケアとは何か?」

それをともに考える本です。

目次

■第1部 なぜ今高齢者医療なのか? 
 1章 Geriatrics(老年科)って,何?
 2章 高齢者診療のコツ Geriatric Assessment のススメ
 3章 高齢者における「ベストな処方」とは?
■第2部 高齢者機能障害への実践的アプローチ
 4章 知ってそうで知らない「機能障害・フレイル・転倒」
 5章 高齢者の体重減少を見逃すな!
 6章 排泄機能低下(尿失禁に着目!)
 7章 認知症の場合,どうする…?(高齢者の認知機能障害)
 8章 せん妄の場合,どうする…?(高齢者の認知機能障害)
■第3部 高齢者のホットスポット(老年緩和ケアなど)
 9章 痛みの評価とマネジメント(オピオイド使えますか?)
 10章 よりよい看取りのための心構え(緩和ケアの基礎)
 11章 看取りの際によくみられる症状とそのケア
 12章 医療コミュニケーション・意思決定・ACP
 13章 これからの高齢者医療

上記内容は本書刊行時のものです。