版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
熱量測定・熱分析ハンドブック 第3版 日本熱測定学会(編集) - 丸善出版
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2

熱量測定・熱分析ハンドブック 第3版

発行:丸善出版
B5判
縦257mm 横182mm
384ページ
定価 8,500円+税
ISBN
9784621305072
Cコード
C3058
専門 単行本 その他の工業
出版社在庫情報
不明
発売予定日
登録日
2020年7月7日
最終更新日
2020年8月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

本書は、熱量測定と熱分析の基礎から応用までを網羅したハンドブック。前半(1~4章)で、熱量測定・熱分析の基本的測定技法や基礎的知識を解説。各実験手法の特徴や限界を、現場の専門家の視点で記述。 後半(5章)はこうした基本に基づいた応用例として、金属・合金や無機化合物、高分子や生体分子、医薬品・食品・生物材料といった分野に広範に応用できる実例を多数収録。それぞれの分野の第一人者が、1ページにまとめ、測定技法のどの部分を応用し、限界をどのように回避して、克服したかといった優れたノウハウを結集。第3版では、近年利用者が増加しているバイオ系分野の項目を充実させた。さらに、5章では178もの豊富な事例を扱い、そのうち101項目が新規項目であり、第2版より大きく改訂した。1~4章についても第2版の内容から約60%と大幅な改訂であるが、第2版の内容の一部はWeb補遺として読むことができる。

目次

1 熱量測定と熱分析で何がわかるか
1.1 熱分析と熱量測定
1.2 最低限の基礎知識
1.3 平衡状態を意図した測定
1.4 非平衡状態を意図した測定

2 どのような測定法があるか
2.1 熱量測定の原理と方法
2.2 熱分析の原理と方法

3 どのように解析するか
3.1 熱量測定データの解析
3.2 熱分析の測定技法と解析
3.3 バイオカロリメトリーにおけるデータ解析

4 熱力学データベースをどのように活用するか
4.1 熱力学データベース
4.2 熱力学データベースの応用

5 どのように応用するか
5.1 金属・合金
5.2 無機化合物・セラミックス
5.3 有機・高分子
5.4 生体分子
5.5 医薬品・化粧品
5.6 食品・生物材料

6 付 録
6.1 温度測定
6.2 関連するJIS

旧版ISBN
9784621081921
上記内容は本書刊行時のものです。