版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
みんなのアマビエ  - 扶桑社
..
詳細画像 0

みんなのアマビエ

発行:扶桑社
四六判
定価 1,000円+税
ISBN
9784594085131
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年4月16日
最終更新日
2020年4月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

新型コロナウイルス禍の日本で、140年の時を経てよみがえり、
SNSを中心に拡散されている妖怪アマビエ。

江戸時代、弘化3年(1846年)の摺り物によれば、
長髪にくちばし、体にウロコ、3本足のようなヒレをもつ
異形の妖怪が肥後(熊本)の海に出現し、こう言ったと記されています。
「私は海中に住むアマビエと申すもの。
今年から6年間は諸国で豊作が続くが、病も流行する。
早々に私の姿を写して人々に見せよ」

今、漫画家をはじめ様々なアーティストやクリエイターたちが
「アマビエ」をモチーフに作品をつくり、SNSなどで発表しています。
疫病退散の祈りをこめて投稿された作品を一同に集めた本を緊急出版。

水木しげる、西原理恵子、おかざき真里、松田洋子、永野のりこ、
寺田克也、田中圭一、なかはら・ももた、8名の漫画家をはじめ、
イラストや彫刻、陶芸、ガラス、織物、あみぐるみまで、
ツイッター「#みんなのアマビエ」のタグで投稿されたものなど、
総勢87名の作品を収録しています。

時を経てSNSで拡散されるアマビエと、人々の祈りを、一冊に記録しました。

本書の売り上げの一部を、新型コロナウイルス対策基金に寄付いたします。

上記内容は本書刊行時のものです。